2007年09月29日

[cinema]さらば、ベルリン

原題:The Good German
監督:スティーブン・ソダーバーグ
脚本:ポール・アタナシオ
原作:ジョゼフ・キャノン
出演:ジョージ・クルーニー,ケイト・ブランシェット,トビー・マグワイア,他
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/thegoodgerman/


娯楽大作よりも作家性が強く出ても違和感のない小規模なほうがこのスティーブン・ソダーバーグ監督の作品はいい。そんなことを強く実感させる作品。

この作品はポツダム宣言直前のドイツを舞台にした作品でその時代風に撮ることにこだわったらしく,ただ映像を白黒で撮るだけじゃなく全体の流れや音楽による演出,映像一つ一つのカットなど,細かいレベルまで1940,50年代の匂いがプンプン漂ってくる。そんなテイストのため,今のCGバリバリのド派手な展開や単館系の芸術色に凝ったものは一切なく,荒々しくも古き良き時代の勢い任せって感じに仕上がってる。

特に当時のテイストを感じる最大の要因が音楽。最近では音楽はあくまで映像を盛り上げるための脇という印象を感じるのだが,この作品では役者の心情やどういう場面なのかというのを役者の演技だけでなく音楽で表現しており,時にびっくりするような大音量が流れてくるのだが,これがやたらと心地よい。

またストーリー展開も思わせぶりなものが多く出てくるかと思えば,大した説明なしにどんどん突き進んでいったかと思ったら気づかぬうちにラストまでいき,ラストである謎が明かされる瞬間には「そんな話だったっけ?」と呆然としつつも,こういう勢いもまた昔の映画ならではかなと。整合性だとかを求めるとこんがらがってくるので,昔の映画のテイストを懐かしむ程度の楽しみ方をすれば結構面白く観られる。
ラベル:映画 ドラマ
posted by タク at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

[cinema]ファンタスティック・フォー/銀河の危機

原題:Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer
監督:ティム・ストーリー
脚本:ドン・ペイン、マーク・フロスト
撮影:ラリー・ブランフォード
音楽:ジョン・オットマン
出演:ヨアン・グリフィズ,ジェシカ・アルバ,クリス・エバンス、マイケル・チクリス,ジュリアン・マクマホン,ローレンス・フィッシュバーン,他
公式サイト:http://movies.foxjapan.com/f4_2/


アメコミが原作だけあって全米で世界興収のほとんどを稼いだ前作のヒットから2年。さらなるスケールアップをもって作られたと思われる2作目は,前作以上にとてもファンタスティックとは言えないものだった。

前作と比べてスケール自体は本当にアップしている。前作と同じキャストが今回も集い,さらに地球が滅亡するかもしれないという危機,原作で人気が高いらしいシルバー・サーファーというキャラクターが出てくるなど,これをスケールアップと言わずしてなんと言おうかというくらいに素材は揃っている。にも関わらず,この作品は日本での知名度の低さ,地味さを体現したかのようにストーリーの展開が地味。

まず,シルバー・サーファーが地球を滅亡させるにあたって下準備をしているという姿が既に地味になっている。いや,下準備をするなとは言わないのだが,地球の核に向かって穴を世界中で空けているのは分かるのだが,その描写が「ちょっと穴空けていきますね」って感じで,あまり深刻な事態とは思えないくらいにあっさりしているのだ。
それと,前作では強大な敵に4人がチームワークで立ち向かい,また街の人々を戦いながらも守っていくという姿が地味ながらも熱い展開で楽しかったのに,今回はあまりチームワークというものも見られず,人助けもあるにはあるけど,戦いながら守るというシチュエーションだったからこそ熱かった救助活動も,敵は既に飛び去り,後処理でしかないという感じになってしまってはとても興奮できるものではなかった。

盛り上がるところとしては,予告などで散々使い回されてるシルバー・サーファーと全身炎に包まれるにーちゃんの追いかけっこと,前作で死んだと思われたラスボスが復活してまた悪さをしているのを,これまた炎のにーちゃんが今作限定で手に入れた他のメンバーの能力をもらうことができるというのを使って一人で立ち向かうシーンくらいなもん。チームワークで活躍するのが本作の肝だろうに,チームで活躍するのなんてほとんどなく,とりあえず炎のにーちゃん以外は一回くらいは能力使って活躍させないとね程度のオマケ感覚のため,持ち味をほとんど活かせてない状態で,盛り上がるのは1対1での戦闘くらい。それすら他のアクション映画と比べると迫力もなく盛り上がりに欠けるし,さらにもろCGっていうのが分かる質感になってしまっているので萎え気味になってしまうのだ。せっかく前作がヒットしてお金がたくさん使えるようになっただろうに,CGが浮きまくってるのを見た瞬間は落胆したものだ。

最後に,多少面白いと思えたところとしてはファンタスティック・フォーのメンバーがどんだけ活躍していても,その活動中にパトカーなどを破壊すると請求書がくるという事実が判明したくらいだろうか。そこはなんともヒーローにも世知辛い現実だなって感じで笑えはした。
ラベル:映画 アメコミ
posted by タク at 23:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

[cinema]題名のない子守唄

原題:LA SCONOSCIUTA/THE UNKNOWN WOMAN
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
製作:ラウラ・ファットーリ
脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ,マッシモ・デ・リタ
出演:クセニア・ラパポルト,ミケーレ・プラチド,クラウディア・ジェリーニ,ピエラ・デッリ・エスポスティ,他
公式サイト:http://www.komoriuta-movie.com/


邦題からほのぼのとしたホームドラマものだと思っていた。だが,そんな予想を初っ端から打ち砕く衝撃が待ち受ける映像が飛び出しきて,終始緊張感が漂うミステリーをふんだんに撒き散らした作品だった。

続きを読む
posted by タク at 18:38| Comment(2) | TrackBack(10) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

東京ゲームショー2007へ行ってきました

年に一度の日本最大のゲームイベント・東京ゲームショーに今年も参加。初参加から今回で8年目となり,年を追うごとに客さばきと回転率の悪さが悪化しているような気がするようなしないようなイベントではありますが,とりあえず回れるだけ回ってみたので,そのプチレポートを。


続きを読む
ラベル:イベント ゲーム
posted by タク at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

[PSP]CRISIS CORE -FINAL FANTASYZ-

クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-(通常版)クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-(通常版)
販売元 : Amazon.co.jp ゲーム
価格 :
[タイトル] クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-(通常版)
[ブランド] スクウェア・エニックス
[発売日] 2007-09-13
[プ..

PSP本体発売前から発表されてたのに延々と発売せず,主人公はマイナーもいいところだろうザックスというキャラクター。地味なこと必死だと思っていたが,延期に延期を重ねた結果,気づけばファイナルファンタジーZ十周年作品として大々的に取り上げられたコンピレーション・オブ・ファイナルファンタジーZの第4弾。予想以上の長期間の開発だっただけに,思った以上に完成度の高いアクションゲームとなっていた。

とりあえず1周目を21時間でクリア。ミッションは25%しかやっておらず,今現在2周目を始めたところでの感想を。


続きを読む
ラベル:PSP アクションRPG
posted by タク at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

[ライトノベル]七不思議の壊し方

七不思議の壊し方 (電撃文庫 さ 11-5)七不思議の壊し方 (電撃文庫 さ 11-5)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 七不思議の壊し方 (電撃文庫 さ 11-5)
[著者] 佐竹 彬
[種類] 文庫
[発売日] 2007-09-10
[出版社] メディアワークス


今月の電撃文庫新刊で唯一購入。題名だけ見たときは七不思議って題材だけにホラー要素があるのかと思っていたのだが,表紙見ると明るい感じ。あらすじ見ると,どうやら舞台となる学園で起こる七不思議なSAWと呼ばれる謎の集団によって作られるもので,本当の怪奇現象ではないらしく,また,本作での七不思議を起こすのは偽物だそうで,そいつらが何者なのかというのを解き明かすような作品のよう。期待していたのとはまた違った楽しさがありそうだと思って読んだところ,期待以上に面白かった。

続きを読む
posted by タク at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

[cinema]オーシャンズ13

原題:Ocean's 13
監督:スティーブン・ソダーバーグ
脚本:ブライアン・コッペルマン,デビッド・レビーン
製作:ジェリー・ワイントローブ
出演:ジョージ・クルーニー,ブラッド・ピット,マット・デイモン,アル・パチーノ,他
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/oceans13/


豪華オールスターキャストというわりには一人看板だと微妙な立ち位置にいるスターたちと,スティーブン・ソダーバーク監督の大ヒットお祭り映画3作目。あの強烈なまでに退屈で眠いだけというか上映時間の1/3は確実に寝ていた2作目での反省があったのか,1作目のようなエンターテイメントとして誰もが楽しめる作りになっていた。

続きを読む
ラベル:映画 犯罪
posted by タク at 22:40| Comment(2) | TrackBack(3) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

FFZ十周年のポーションを買ってきた

去年の春にネタ的に色々と話題となったポーションが再登場。FFZ十周年記念の第1弾として出てきた豪華容器と小冊子付きのお高い(3980円)の購入。

続きを読む
ラベル:日記
posted by タク at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | dialy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

[novel]DDD 1

DDD 1DDD 1
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] DDD 1
[著者] 奈須 きのこ
[種類] 単行本
[発売日] 2007-01-10
[出版社] 講談社


TYPE-MOONのライターとして活躍する奈須きのこ氏がファウストで連載していたものをまとめた新境地とも言える新伝奇小説で,KODANSHA BOX編集長の「この人は、やっぱ天才だわ!」といううざくて痛々しいメッセージシール付きである。

続きを読む
ラベル:伝奇 ノベル
posted by タク at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

[DS]ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイトファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト
販売元 : Amazon.co.jp ゲーム
価格 :
[タイトル] ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト
[ブランド] スクウェア・エニックス
[発売日..

ゲームキューブで登場した多人数で遊ぶFF,クリスタルクロニクルシリーズの第2弾。
今回は据え置き機から携帯のニンテンドーDSに舞台を移したことで,Wi-Fiコネクションは使われていないものの,より手軽に人集めが可能になったマルチモードや,シングルモードの強化など,携帯機ならではの要素やゲームキューブ版以上のパワーアップを見せている本作。

印象的だった要素や不満点などを,シングルプレイモードを基本に書いていきます。尚,プレイ時間はシングルモードをクリアと2周目プレイ中で13時間くらい,マルチモードは一人で空しくですが2,3時間プレイしての感想になります。

続きを読む
ラベル:アクションRPG NDS
posted by タク at 19:28| Comment(0) | TrackBack(1) | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

[novel]風の影 上・下

風の影〈上〉 (集英社文庫)風の影〈上〉 (集英社文庫)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 風の影〈上〉 (集英社文庫)
[著者] カルロス・ルイス サフォン
[種類] 文庫
[発売日] 2006-07
[出版社] 集英社

風の影〈下〉 (集英社文庫)風の影〈下〉 (集英社文庫)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 風の影〈下〉 (集英社文庫)
[著者] カルロス・ルイス サフォン
[種類] 文庫
[発売日] 2006-07
[出版社] 集英社


本国スペインで爆発的なロングセラーを記録したというミステリーロマン。読んでみるとミステリーの王道な展開なのだが,そこに謎の死を遂げた作家・フリアン・カラックス,フリアンの本を焼いていく謎の男など,好奇心をくすぐる設定が散りばめられており,とても魅力的な作品。ストーリーの展開も面白いことは面白いのだが,本書はいま一つ突き抜き切れなかったという印象を抱いた。

続きを読む
posted by タク at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

[cinema]ベクシル 2077日本鎖国

監督:曽利文彦
脚本:半田はるか、曽利文彦
声の出演:黒木メイサ,谷原章介,松雪泰子,大塚明夫,櫻井孝宏,森川智之,柿原徹也,他
公式サイト:http://www.vexille.jp/


設定が明らかに厨二,全編フルCGアニメ,主要キャストがみんな声優じゃない,監督がアニメやってたわけじゃない。なんか色々と予告からも地雷臭がしてしょうがなかった。だけど気まぐれというか暇つぶし程度に観に行ってみたら,意外と面白かった。

続きを読む
ラベル:映画 CG アニメ
posted by タク at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

[cinema]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

監督・脚本・原作:庵野秀明
出演:緒方恵美,林原めぐみ,三石琴乃,山口由里子,立木文彦,清川元夢,麦人,他
公式サイト:http://www.evangelion.co.jp/

あのヱヴァ(なんで"ヱ"なのか小一時間だが)がまた新たな劇場版となって生まれ変わる。今更何故ヱヴァを? とか思いつつも,過去のTV版や劇場版と一体どんなラストが待ち受けてるのか気になってしょうがないので初日に早速足を運んでしまった。

続きを読む
ラベル:映画 アニメ
posted by タク at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。