2007年10月27日

[cinema]パンズ・ラビリンス

原題:El laberinto del fauno
監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ
製作:ギレルモ・デル・トロ,アルフォンソ・キュアロン,アルバロ・アウグスティン,ベルサ・ナバロ,フリーダ・トレスブランコ
出演:セルジ・ロペス,マリベル・ベルドゥ,イバナ・バケロ,ダグ・ジョーンズ,アリアドナ・ヒル,アレックス・アングロ
公式サイト:http://www.panslabyrinth.jp/

スペインとメキシコで共同製作されたダークファンタジー。主人公が少女ということで最初はあまり期待していなかったのだが,思った以上にダークでグロく,ファンタジー部分の展開はとても素晴らしい出来。しかし,主人公をはじめとした登場人物がかなりバカなので,それに耐えられないと辛く感じることも……。

この作品は内戦中のスペインを舞台に,山奥で反政府軍狩りをしている新しい父親になったお偉い軍人を赴く道中で,本好きな主人公の少女が不思議な虫と出逢うところから始まる。

この作品,ダークファンタジーなだけに夢いっぱいのファンタジーというものが欠片すらなく,そういったものを期待することなど言語道断。冒頭に出てくる不思議な虫というのからしていかにも不気味さを醸し出す容姿になっていて,後に妖精というわりには全くかわいさの欠片もないものに変身(そのシーンがまた気持ち悪い)するし,パンと呼ばれる番人が出てきたかと思ったら,神話に出てくる妙にリアルな動物の顔をしており,奇声と不快感たっぷりの動きと喋り方をしてきて不気味さを強調してくる。さすが,なんかアカデミーの美術部門にノミネートだか受賞しただけある。

ストーリーは,虫に導かれて番人パンと出逢い,そこで渡された本に書かれる試練を主人公が乗り越えるのと,多感な少女故の新しい父との蟠りからくる悩みを中心に描かれていく。
作中のファンタジーな部分について,パンを始めとしたファンタジー中に出てくるものたちは全て出てくるシーンは必ず暗いシーンでかつ主人公が一人でいる場合にのみを徹底している。そのあまりの不自然さは,終盤に主人公が体験してきた試練などが本当に現実だったのか,はたまた主人公が描いた幻想だったのか,そんな曖昧さを帯びてくる。

このダークさだけでなく存在そのものすら危うく感じさせる展開はとても良いのだが,それを台無しにしているのが主人公の軽率な行動の数々。
最初の試練では,新しく買ってもらったドレスと靴を履いた状態で試練の場に向かい,樹の中に入ろうというときに服だけ脱いで樹にかけていったら,結局風で飛ばされて汚れて母親に怒られるし,第2の試練では食卓の食べ物を食べてはいけないと忠告されたにもかかわらず食べてしまい,案内役として連れ添っていたキモイ妖精2匹を殺されたり,実に軽率。とてもイライラさせられた。

この軽率な行動をとるのがリアルだと言われたら確かにリアルなのだろうが,そんなイライラするリアルはリアルさなど不要なフィクション作品ではいらないと思うだけに,このキャラクター設定には少々疑問を感じた。他にも,作中でいる必要があるのかが疑問な反政府軍も軽率で無計画な行動取りすぎだし,どんだけ素人なんだよってレベルのことばかりやってくれる。おかげでよりイライラを増長させられた。そもそも,この反政府軍の存在が果たして映画を盛り上げたり,スパイスとなっているかと言えばまったくなってないので蛇足としか言いようがない。ダークファンタジーで戦争や政府論を説く意味がまるで分からないといったところ。

できることなら,上映時間は短くなっていいからダークファンタジー一色でいってほしかった。そうすれば,主人公の軽率な行動にも少しは寛容になれたような気もするし。
posted by タク at 14:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

FFZ仕様のポーション第2弾を飲んだ

あの糞高いFFZ仕様ポーション第1弾の発売から1ヶ月と2週間くらい経った今日,今度は200円の350mlアルミ管仕様でのポーション第2弾が発売されたので買って飲んでみた。

まぁ,味は前回ので改善されていることが確認できたから,それの量が多い版程度にしか考えず,一気に口に運んでみた。そしたら,いきなり炭酸のしゅわっていう感覚が口の中を襲ってきた。その,あまりに不意打ちぶりにびっくりしたが,よくよく製品のところを読んだら「炭酸飲料」の文字が。どうりで缶開けた時に炭酸みたいな音がしたわけだ。炭酸だとは露とも思わずにいたよ。

気を取り直してテイスティングを開始。今回は炭酸ということで,前回と比べて味自体も多少甘味が強くなっているように感じた。まぁ,オロナミンCの甘みが抑えられてる版というのが印象としては近いだろうか。量があるわりには結構ぐいぐい飲むことができ,よりジュース色が強くなっているように感じた。
posted by タク at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | dialy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[cinema]インベーション

原題:The Invasion
監督:オリバー・ヒルシュビーゲル
脚本:デビッド・カイガニック
製作:ジョエル・シルバー
原作:ジャック・フィニイ
出演:ニコール・キッドマン,ダニエル・クレイグ,ジェレミー・ノーサム,ジェフリー・ライト,ジャクソン・ボンド
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/theinvasion/

素材や出演陣からそれなりにヒットはするだろうと思っていたけど,アメリカのほうじゃ大コケ。もしかして地雷だったのかな? と内容が多少心配だったのだが,そんなに心配するほどのものでもなく,またニコールが相変わらず美人だった。

続きを読む
ラベル:映画 SF
posted by タク at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

[ライトノベル]付喪堂骨董店3―“不思議”取り扱います

付喪堂骨董店 3―“不思議”取り扱います (3) (電撃文庫 お 9-6)付喪堂骨董店 3―“不思議”取り扱います (3) (電撃文庫 お 9-6)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 付喪堂骨董店 3―“不思議”取り扱います (3) (電撃文庫 お 9-6)
[著者] 御堂 彰彦
[種類] 文庫
[発売日] 2007-10
[..

不思議な力を持った『アンティーク』と呼ばれるアイテムに関わる人々の物語を綴った短編集の3作目。3作目ということもあって構成がパターン化されつつあるが,そのぶんいままでよりも内容が濃く,話の展開もうまくなってきてる。
それでは今回も各エピソード毎で感想を。

続きを読む
posted by タク at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

[cinema]キングダム/見えざる敵

原題:The Kingdom
監督:ピーター・バーグ
脚本:マシュー・マイケル・カーナハン
製作:マイケル・マン
出演:ジェイミー・フォックス,クリス・クーパー,ジェニファー・ガーナー,ジェイソン・ベイトマン,ダニー・ヒューストン,アシュラフ・バルフム,他
公式サイト:http://www.kingdom-movie.jp/

中東のテロリストとFBIという構図からいつものアメリカ万歳な映画だとばかり思っていたら,そんな万歳なぞどこ吹く風。中東とアメリカの政治的関係を色濃く取り込んだ社会派アクション大作に仕上がっていた。

続きを読む
posted by タク at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

[cinema]サルバドールの朝

原題:Salvador
監督:マヌエル・ウルエガ
脚本:ユイス・アルカラーソ
原作:フランセスク・エスクリバノ
出演:ダニエル・ブリュール,レオノール・ワトリング,レオナルド・スバラグリア,イングリット・ルビオ,トリスタン・ウヨア,他
公式サイト:http://www.salvadornoasa.com/

本作の主演男優が出演してきた過去作品がそれなりに評判よさげだったので,サルバドールという人物が一体どういう人なのかという予備知識ゼロで観に行った。結果,自伝物の悪い例を観ることとなってしまった。

続きを読む
ラベル:映画 ドラマ 自伝
posted by タク at 00:01| Comment(0) | TrackBack(4) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

[ライトノベル]神無き世界の英雄伝A

神無き世界の英雄伝 2 (2) (電撃文庫 か 14-2)神無き世界の英雄伝 2 (2) (電撃文庫 か 14-2)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 神無き世界の英雄伝 2 (2) (電撃文庫 か 14-2)
[著者] 鴨志田 一
[種類] 文庫
[発売日] 2007-10
[出版社] メディアワ..

いま個人的にライトノベルNo1のスペースオペラの2作目。前作で続きがありそうな終わり方をしただけに続編が出るだろうと期待していたが,思った以上に早くきてくれて嬉しい限りだ。

続きを読む
posted by タク at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

[cinema]めがね

監督・脚本:荻上直子
出演:小林聡美,市川実日子,加瀬亮,光石研,もたいまさこ,薬師丸ひろ子
公式サイト:http://www.megane-movie.com/

『かもめ食堂』のスタッフがおくる「たそがれる」をテーマとした癒し系まったりムービー。前半はゆったりとした時間の流れの中にゆるい笑いを織り交ぜることで笑わし,後半は登場人物たちだけでなく,観ているこちらも思わずたそがれてしまうようなゆっくりとした時間を味わうことができた。

続きを読む
ラベル:ドラマ 映画
posted by タク at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

[cinema]ローグ アサシン

原題:War
監督:フィリップ・G・アトウェル
脚本:リー・アンソニー・スミス,グレゴリー・J・ブラッドリー,ジム・トンプソン
製作:クリストファー・プレッツェル,スティーブ・カースマン
出演:ジェット・リー,ジェイソン・ステイサム,他
公式サイト:http://www.rogue-assassin.com/

アクション映画は引退するって言ってなかったっけ? という疑問を抱きたくなるジェット・リーと,いまや濃い本格アクション俳優としてその地位を確立したジェイスン・ステイサムが共演するアクション。

続きを読む
ラベル:映画 アクション
posted by タク at 23:39| Comment(0) | TrackBack(2) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

[PSP]フェイト/タイガーころしあむ

フェイト/タイガーころしあむ(限定版)フェイト/タイガーころしあむ(限定版)
販売元 : Amazon.co.jp ゲーム
価格 :
[ブランド] カプコン
[発売日] 2007-09-13
[プラットホーム] Sony PSP

■商品..
>

アクションゲームに定評のあるカプコンとキャビアが組んで取り組んだ人気ADVゲームの外伝というかパロディものの対戦アクションゲーム。ストーリーモードを難易度NORMALで全キャラプレイ,フリーバトルやネットワーク対戦モードは未プレイでの感想です。

続きを読む
ラベル:PSP アクション
posted by タク at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

[cinema]パーフェクト・ストレンジャー

原題:Perfect Stranger
監督:ジェームズ・フォーリー
脚本:トッド・コマーニキ
製作:エレイン・ゴールドスミス=トマス
原作:ジョン・ボーケンキャンプ
出演:ハル・ベリー,ブルース・ウィリス,ジョバンニ・リビシ,他
公式サイト:http://www.movies.co.jp/perfectstranger/

ラストのどんでん返しみたいなキャッチフレーズが地雷になって早数年。こんなフレーズが出たら地雷だと思って回避するものだが,たまーに本当にすごいラストを見せてくれる作品もあるから困りもの。だが,本作は予想通りの地雷。主演にブルース・ウィリスがいなければ確実に見なかっただろう。

続きを読む
ラベル:映画 ミステリー
posted by タク at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

[ライトノベル]七不思議の作り方

七不思議の作り方 (電撃文庫)七不思議の作り方 (電撃文庫)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 七不思議の作り方 (電撃文庫)
[著者] 佐竹 彬
[種類] 文庫
[発売日] 2006-11
[出版社] メディアワークス


七不思議を管理すると噂されるSAWと,彼らの謎を解き明かそうとする二人の男女のちょこっとミステリーの入った学園青春物。
つい先日,続編とは知らずに2巻目を買ってしまった作品の1作目。既に続編を読んでしまっているので,SAWの正体や結末がどうなるのかは読む前から分かり切っていたので,あとはSAWが起こす不思議とその謎が一体なんなのか,そして主人公の二人が一体どうやってSAWに辿り着くのかを楽しみにしていた。

続きを読む
posted by タク at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

[cinema]ミス・ポター

原題:Miss Potter
監督:クリス・ヌーナン
脚本:リチャード・モルトビー・Jr.
出演:レニー・ゼルウィガー,ユアン・マクレガー,他
公式サイト:http://www.excite.co.jp/cinema/miss-potter/

レニー×ユアンで送るピーター・ラビットの生みの親であるヴィクトリア・ポターの自伝映画。自伝映画で90分ちょっとと上映時間が短いわりに,要点をうまくまとめてあって気持ちよく観ることができた。

続きを読む
ラベル:映画 自伝
posted by タク at 01:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。