2009年01月29日

[ライトノベル]付喪堂骨董店5―“不思議”取り扱います

不思議な力を持つ"アンティーク"にまつわるエピソードを描いたシリーズも,ついに5巻目。今回もいつもどおり4編の物語を収録してたけど,最後の刻也と咲のすれ違いエピソード以外は微妙な感じだった。


続きを読む
posted by タク at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

[cinema]慰めの報酬

監督がアクション初めてだとか,上映時間がシリーズで最短になったとか,海外ではロケットダッシュはよかったけど『カジノ・ロワイヤル』ほど評価は高くないっぽいとか,心配になる要素が転がってたけど,そんな心配は不要だったみたいだ。

続きを読む
posted by タク at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

[ライトノベル]空ろの箱と零のマリア

3月2日という中途半端な時期に転校してきた美少女・音無彩矢。彼女の"宣戦布告"によって日常を壊されてしまった星野一輝。3月2日という"日常"をループする「拒絶された教室」。多くの謎を散りばめつつ,ループする"日常"を巧みに組み替えながら真相に迫っていく手法がとても面白かった。

続きを読む
posted by タク at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

[ライトノベル]獅子の玉座<レギウス>V 妖精楽園

さらなる試練を乗り越えて深まるレオンとアリアンの絆。それと同時に,神々の秘された逸話,そして女神エウレネの思惑の片鱗を見せた3巻。よい感じにストーリーもキャラクターも王道ファンタジーになって面白くなってきた。

続きを読む
posted by タク at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

[ライトノベル]プシュケの涙

夏休みで人気のない校舎。そこで起こった吉野彼方という少女の自殺。彼女は何故自殺したのか,その真相を解明するミステリー小説かと思って手に取ったが,実態は青春小説だった。

続きを読む
posted by タク at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

[ライトノベル]電波女と青春男

この作者の作品を読むのは『みーまー』の1巻以来。あのときは主人公の「嘘だけど」のワンパターンさに面白みを見出せず,結局1巻で切ったわけだが,今回のコレは,そのときのマイナスイメージを吹き飛ばすくらい楽しませてもらった。

続きを読む
posted by タク at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

[cinema]チェ 28歳の革命

20世紀の革命家チェ・ゲバラの半生を描いた『チェ』を2部構成にした作品の前編。革命家という波乱万丈もいいとこの人物を描いているが,そこはソダーバーグ作品,とっても淡々としていて油断していると安眠してしまいそうになる映画だった。

続きを読む
タグ:映画 伝記
posted by タク at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 2009年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

[ライトノベル]静野さんとこの蒼緋

学園コメディにありがちな破天荒な設定のキャラクターが揃っていたけど,設定に見合った活躍というかはじけ方をしておらず,コメディとしてはとても中途半端な出来だった。

続きを読む
posted by タク at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

[cinema]永遠のこどもたち

『シックス・センス』や『アザーズ』のようなホラー+どんでん返しなストーリーに,親子の物語を絡めた映画。ラストの展開はあまり好きではなかったけど,この手の作品としては久しぶりに面白い映画だった。

続きを読む
タグ:映画 ホラー
posted by タク at 00:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

[Wii]ロストウィンズ

海外のゲームメディアで絶賛されたWiiウェア専用の横スクロールアクションアドベンチャー。ボリュームは少なかったが,無駄に細かい部分にこだわった丁寧な作りが楽しいゲームだった。


続きを読む
posted by タク at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。