2009年01月24日

[ライトノベル]空ろの箱と零のマリア

3月2日という中途半端な時期に転校してきた美少女・音無彩矢。彼女の"宣戦布告"によって日常を壊されてしまった星野一輝。3月2日という"日常"をループする「拒絶された教室」。多くの謎を散りばめつつ,ループする"日常"を巧みに組み替えながら真相に迫っていく手法がとても面白かった。

続きを読む
posted by タク at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。