2008年08月24日

[cinema]デトロイト・メタル・シティ

監督:李闘士男
脚本:大森美香
原作:若杉公徳
出演:松山ケンイチ,加藤ローサ,秋山竜次,細田よしひこ,大倉孝ニ,岡田義徳,松雪泰子,他
公式サイト:http://www.go-to-dmc.jp/

人気漫画が原作,妙に大掛かりな宣伝。今の邦画にとって,この2つのキーワードから確実に「見える地雷」だと思ってたが,足元には地雷はなく,笑い死にしそうになるくらいの爆発力をもった爆弾を投げつけてくる毒のあるコメディ映画だった。

何より一番笑えるのがやっぱり主人公の根岸宗一の存在。
田舎から都会に出てきたおしゃれ系ポップミュージックを愛する青年,しかも歌もうまいという設定だけど,おしゃれの方向性がファンタジーとしか思えないもので,さらに一つ一つのしぐさがクネクネしていて,とにかくキモいの一言。
さらに,根岸のもう一つの顔であるクラウザーさんの時も,普段は悪魔のカリスマ的な振る舞いをしているのに,ふとしたことでクラウザーさんのまま根岸のような振る舞いをし,見た目が怖いのにキモい動きをするというダブルパンチが見事に笑いのツボを刺激してくる。

そのほかにも,デトロイト・メタル・シティ(DMC)のメンバーやファンをはじめ,根岸を取り巻く個性豊かという言葉では言い表せないくらい突出したキャラクターたちも大いにこちらを笑わせてくれる。
以前,立ち読みをちょっとした時は過激な下方面の表現にさすがに引いてしまってすぐに本棚に戻したものだが,映画も下品な言葉を使うものの,観ているこちらが笑えるけど引くほど過度な描写はなく,安心して?笑い転げることができた。

この映画で一番すごいと思ったのが,漫画だからこそ許されるようなキャラクターのビジュアルや動きなどを自然に現実世界に溶け込ませているところ。クラウザーさんの存在などはまさに漫画ならではのキャラクターだと思うが,普通なら現実の東京の街並みを白塗りの悪魔系のファッションをしたキャラクターが走り回っていたら,どう考えても不自然すぎて浮いてしまうところだが,不自然なのに現実世界の一場面に自然とはまり込んでいる。

逆に現実と比べて不自然に思えたのが,根岸のおしゃれファンタジー空間や根岸のおしゃれ仲間?の存在。ヒロインの女の子は完全な天然キャラで,おしゃれだけど現実からどっか浮いてるし,ポップミュージシャンを目指す後輩がちやほやされるシーンなど,とてもじゃないがモテモテでうらやましいというよりは,そこだけ現実から隔離した空間に見えてしょうがない。
極めつけはヒロインにちょっかいを出すおしゃれ四天王とか呼ばれているおっさん。こいつの人を見下したような言動は根岸のほうは何かといらついてて,確かに一歩間違えばただのうざくてむかつくやつなんだけど,あまりにおしゃれに固執しすぎてるため,「服に着せられている」という言葉が浮かぶくらいバカっぽい道化になっており,ある意味クラウザーさん以上にフィクションなキャラクターに見えて,こいつが何かするたびに思わず笑ってしまった。

笑えるだけではなく,原作未読(立ち読みで数話読んだくらいなので原作未読といって差し支えないよな)であるのでどこまで映画ならではなのかは分からないが,この映画には色々考えさせられる毒が隠し味として仕込まれている。

普段はおとなしい根岸と,暴力的で破壊行動もやっちゃうクラウザーさんというベクトルがまったく違う2面性,そんな2面性を生み出しているのは他人に認められないことへの鬱憤という点に,何かとスケープゴートを用意したがるマスコミに対する皮肉が込められているように感じた。
あと,DMCが新聞に(悪い意味で)取り上げた直後に知名度が上がって人気も急上昇したり,「子供に聞かせたくない」という見出しが載れば,今まで影さえ見えなかった子供の姿がライブ会場に現れたりして,何かとマスコミの先導したい方向とは逆へと世間は流れる。これもまたマスコミに対する皮肉なのでは,と穿ってしまう。

これらが原作にもあったのか映画オリジナルのテイストなのか,意図した演出なのか偶然の産物かは分からない。この作品では,クラウザーさんの生き様がある種痛快さを生み出しているのであろうが,こうした小ネタもまた痛快なものだった。
ラベル:映画 コメディ
posted by タク at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。