2008年10月05日

[ライトノベル]多次元交差点と月のお姫様。

主軸となるストーリーがやたら壮大な設定を設けてしまっているせいか,今回も突き抜けたバカっぷりを見ることはついぞ叶うことはなかったものの,前作よりもずっと面白くなったと感じた。

今回のゲストキャラはサドっ気のあるかぐや姫とマゾな従事。とはいえ,このサド・マゾは言葉の表面をなぞったような程度のものしかない。僕にとってのサドというのは「暴力を行使し,暴力で痛めつけられ,恐怖する相手を見て興奮・恍惚する」ものだから,そんなもんをマジでやったら引くこと間違いなしだろうし,ただわがままを言い,従事をいじめることを楽しんでいるだけをサドと定義するのも妥協で許容するしかないのか。マゾに至っても同様で,特定の相手からのいじめだけ興奮するというのはマゾとはちょっと違うんじゃ……とか思ったけど,その辺も妥協するしかないか。とにかくゲストキャラについては型どおりでしかなかったのであまり作品を面白くするものでもなかった。

その代わり,ヒロインのまひるの,いつでもどこでも誰にでも容赦なく張り倒していくツッコミキャラぶりがいい感じで笑いと爽快感をもたらしてくれ,作品全体がとても面白くなったと感じさせてくれた。とはいえ,1巻でも同様にツッコミキャラとして動いていたのでいまさらというか,1巻ではそれほど面白いと感じなかったのに,なんで2巻で面白いと感じたのかなぁ,と思うと,ツッコミのバリエーションと周囲の反応が豊かになったおかげなのかと思う。

1巻では,誰かがボケる→ツッコミのパターンだったけど,今回は誰かがボケる→ツッコミ→ツッコミ中にミサキに対する不満が出てきてミサキ巻き添え,とただのボケツッコミの漫才だった一連の流れに発展性が生まれ,いつどんな形でミサキに火の粉が飛び散るのかが楽しみになっている。また,それに対するミサキの反応も,まひるのツッコミにいい感じで畏怖しているせいか,言い訳の仕方や慌てぶりも必死度がアップしており,そこもまた楽しくなっている。

その他,まひるのツッコミ無双発動前のココやルビィの血の気の引きっぷり,サブキャラとして登場する学園の生徒やまひるの親友の詩織もいい感じでまひるの一挙手一投足にいちいち大袈裟に反応する様,アーマン大佐やピリカといったまひる大好き客がまひるにツッコミされた後の落ち込みっぷり等,前作のワンパターンぶりが嘘のように個々の反応が豊かで楽しかった。

あと,ギャグシーンではないものの,かぐや姫が暗殺されそうになっているというシリアスな展開でもまひるの活躍というか,一言一言が妙に心に残るものが多くあったのも印象的。これもまた1巻で出てきたものも多くあるので,単にまひるというキャラクターに対してだいぶ肯定的になれたからこそ好印象を持ったんだろうが,とにもかくにも,1巻読了後にはもっとバカに徹してほしいと思ったものだが,シリアス展開にも寛大になれそうな気がしてきた。

今回はすごく楽しむことができたものの,なにやらアドミニストレイターという言葉が出てきて壮大なことをやろうとしているあたりに,今後の展開に不安を感じる。せっかくまひるの魅力アップで作品が面白くなったんだから,今度は周囲のキャラクターも魅力的になるような特化したキャラクター性を出すことに重視してほしいところなんだが。


多次元交差点と月の姫さま。 (角川スニーカー文庫 199-4)
本保 智
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 9105
posted by タク at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107610152

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。