2008年12月16日

[cinema]ウォーリー

ピクサー印ってのは安定した面白い映画を提供する以外にも,ちょっと変なことやってても普通に観られるんだなぁ,とか訳の分からんことを実感した作品。

人類がいなくなった地球で700年間動き続けるごみ処理ロボットのウォーリー。そんな彼?の前に宇宙船に乗って地球に降り立った一体のロボット,イブとの出会ったことから始まるロボット同士のラブストーリー……というかボーイ・ミーツ・ガールと言ったほうが適切か。

前半はウォーリーと一匹のゴキ,そしてイブしか出てこず,ほとんど無声映画状態。さらに,2体のロボットは一応目はあるものの人型でもない。一応『カーズ』って前歴はあるけど,あれは一応表情豊かに喋るからよかった。でも,『ウォーリー』は表情も目しか変わらないし,片言の名前くらいしか喋らない状態でどうやってドラマを展開するのかと思ったけど,すごい役者になると目だけで演技ができるという都市伝説があるように,『ウォーリー』も目の変化だけでずいぶんと感情豊かに見えてくるし,さらに片言で喋るのが逆に無垢さというものを引き出しており,後に起こる変態チックな行動が許せてしまう。

この映画,イブが地球で見つけた植物を見つけてから宇宙に旅立つ後編との2部構成になっている。で,その後編に行く前,植物見つけてから機能停止したイブが回収されるまでの間,まるで恋人同士のようにイブを連れてデートしたり,寄り添ったり,手を握ったりといった,一歩間違えなくても十分変態チックなことをウォーリーがやってのける。

この一連のシーンを観た瞬間,脳裏に『トーク・トゥ・ハー』という批評家や世間が絶賛しようとも,どれだけ純愛とか聞こえがいいこと言っても,現実には単なるキモい非モテの妄想劇だろ,な作品を思い出したんだけど,これはお互いロボットだったのと,お約束のように最後は相思相愛?になったこと,さらに一番大きいのがピクサーだからあんまり生々しさを感じなかったので,「まぁ,いっか」という気にさせられた。

後編では,700年前に地球を旅立った人類が住んでいるハイテク技術が結集した宇宙船を舞台にしてちょっと壮大さが出てくるけど,あくまでウォーリーとイブのお話が中心になっているので,壮大さもおまけ程度の印象。あとはちょっと遊び心が増えたくらいで,その遊び心がまた面白いというか,作業ロボット関連のネタで,そのロボットの動きとか憤慨振りが実にかわいらしいので,何度見せられても飽きないものがあった。

ピクサーの作品を全部観たわけじゃないけど,CGアニメーション以外に実写が一部混じっていることにちょっとびっくりした。ま,キャラクター以外は結構リアル志向な映像作りになっているし,実写が使用されるところもリアルな人間を映している時限定なので違和感は感じなかったんでいいけど。

ちょっと変態チックな純愛もあったけど,概ね王道で誰が観ても楽しめるいつものピクサー映画でしたってことで〆。あ,映画の内容とは関係ないけど,最初にウォーリーと聞いて「どうやったらあの人探しの本を映画にしようとかいう発想が出てくるんだ?」と思ったのは自分だけだろうか。


____________________________________
原題:Wall-E
監督:アンドリュー・スタントン
脚本:アンドリュー・スタントン,ジム・リードン
声の出演:ベン・バート,エリサ・ナイト
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movies/wall-e/
ラベル:アニメ 映画
posted by タク at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。