2009年02月07日

[ライトノベル]聖剣の刀鍛冶

アニメ化決定したから……ではなく,いつも行ってる本屋で熱いキャラクターが活躍することを説いたお薦めポップを見て手に取ってみたが,確かに無駄に熱血なのが心地よいファンタジーだった。

主人公は街の自警団に所属する少女セシリア。登場した瞬間は威勢のいいかっこいい女の子してたのに,いざ戦闘になると恐怖で足が竦んでしまい一気にヘタレ化。結局もう一人の主人公(のはず)ルークに助けられるという,なんとも典型的な守られ系ヒロインに成り下がる。

そこで終わってしまえば手に取ったことを後悔するんだが,度重なる実戦の中で何度もヘタレになっても,ルークに助けられようとも,友を助けるため,己が目指す騎士になるため,己を鼓舞してがむしゃらになるセシリアの姿は実に熱い。最初から強くてかっこいいのではなく,強くてかっこいい奴になろうとするところは,昔のジャンプ系漫画のノリ。それをうまく小説に落とし込んでいる。

また,言動は堅苦しくて男っぽいにも係わらず,女の子であることをきちんと意識しているのもよい。
こういう男っぽい感じのキャラクターは,ステレオタイプになると容姿が女というだけであとは男キャラクターとあまり変わらないというもんだけど,お洒落やヒロイン兼ロリポジションと思われるキャラクターにも気配りができる,そういうところもまたよし。

あとは,イラストではちっとも実感できないが巨乳キャラらしく,そのことをネタにおバカなセクハラにあういじられキャラかと思えば,ルークに自分の剣を作ってもらうために分割後払いにしろと脅迫したり,ルークとの恋人疑惑浮上やルークのロリコン疑惑浮上時に抜刀してあわよくばルークを殺そうとする滅茶苦茶ぶりを見せたりと,笑いどころも抑えているのもツボだった。

熱いストーリーで全然気にしなかったんだが,タイトルに「聖剣」の2文字がついているわりには,肝心の「聖剣」が出てこなかったような……。一応魔剣は出てきたけど,刀鍛冶であるルークは,文字通り「刀」持ちだし,一体「聖剣」はいつ出てくるんだろうか。もしかして最初からシリーズ想定してつけたタイトル?

1巻を読む限りは少年漫画のような熱血ぶりが光っていて面白かったので続刊を買う気満々,というか買ったんだが,唯一不安なのはセシリアとルークの間に恋愛関係が勃発しないか,ということ。変に恋愛いれずに熱いストーリーだけ続けてくれれば嬉しいんだけど……。とりあえず,今月の電撃新刊を読み終わったら2巻以降を読んでみるとする。


聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) (MF文庫J)
三浦 勇雄
メディアファクトリー
売り上げランキング: 2988
posted by タク at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。