2009年02月14日

[ライトノベル]東京ヴァンパイア・ファイナンス

第15回電撃小説大賞の銀賞受賞作。
新人賞四冠の作者が描くライトノベルはどれほどのものか,と手に取ってみたが,なんか新人賞総なめに便乗した出版社側の煽りで受賞したんじゃないかとちょっと思ってしまった。

送り狼になるために貢ぎ続ける借金抱えた派遣労働者の青年,オレオレ詐欺に復讐を誓う老人たち,性転換したい美女,ドラッグ・デザイナーから足を洗いたい女性。なにも共通点のないはずの彼らを唯一繋ぐ一つの点−−タクシーに乗って夜の街を徘徊し,融資する客を探し回る女,万城小夜。

万城小夜から融資をうけた4人の面白おかしい日常・奮闘劇を描いた作品なんだが,ハードスケジュール群像劇というジャンルを謳っており,その名のとおり4つの物語が慌しく同時進行している。

良く言えば裏社会も設定に盛り込み,ノリと勢いに任せて綴られたスピーディな文章,悪く言えば色々と詰め込んだごった煮状態な作品。ぶっちゃけ群像劇である必要性をあまり感じない作品なんで,4つの短編として小分けにして短編集にしてもよかったんじゃないかと思うが,そうしたらキャラクター同士の掛け合いは面白いけど一つの物語として見たらつまらないものになっていたと思う。なので,勢い任せに群像劇にしたのは正解だったんじゃないかと。

ただ,まとめに入るところで4つの物語を慌しく同時に終結させ,さらに融資された4組が突如姿をくらました万城小夜を探すために集結する流れはかなり強引だった。

小夜がなぜ融資をして回っていたのか,その金は一体どこから流れてきたのか,4人の客の事情に必要以上に首を突っ込んでくるのか,といった謎を解き明かすために,なんの伏線もなく都市伝説級の組織を持ち出したことで畳み始めたはずの風呂敷を広げてしまっている。ただでさえ忙しない展開が,忙しないを通り越してめちゃくちゃ引っ掻き回されたような感じだし,そのオチはなんともチープ。
ぶっちゃけ,オチを読んでみたら小夜のバックなんて金持ちのお遊び程度でもいいものを,わざわざ規模の大きい闇組織を持ち出してアンダーグラウンドな臭いを漂わせたいなら,もうちょっと伏線を張ってくれたほうがよかったんじゃないかと思う。

ライトノベルってことでキャラクターにも注目してみると,いかにもアンダーグラウンドを臭わせるクセの強い個性を持つキャラクターたちが,傍若無人を絵に描いたような万城小夜と出会うことでちょっと危ない言葉も飛び出す暴走気味な会話は読んでいてとっても楽しかった。それだけに,やっぱりオチの部分が残念でならない。

東京ヴァンパイア・ファイナンス (電撃文庫)
真藤 順丈
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 6834
posted by タク at 23:32| Comment(0) | TrackBack(1) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114250983

この記事へのトラックバック

真藤順丈 東京ヴァンパイア・ファイナンス
Excerpt:  ここしばらく小説の紹介は以前からのシリーズ物か、既に知っている作家の新作ばかりですけど、久しぶりに未開拓の作家の作品で気に入ったのがありましたので紹介します。  と申しましても全くの新人ではなく、..
Weblog: たかいわ勇樹の徒然なる日記
Tracked: 2009-02-17 23:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。