2009年02月27日

[cinema]チェ 39歳別れの手紙

『チェ』2部作の後編。内容は悪くなかったけどあまりの単調さに眠気に負けてしまった前編と違い,眠気など起きずに最後まで映画に没頭することができた。

キューバ革命後,キューバを離れボリビアに渡ったゲバラの,革命戦争に殉じた英雄の姿を淡々と描いた後編。前編と同様に淡々とした演出ばっかりだったが,なんで眠くならかったかと言うと,やっぱりその先に待っている結果が正反対だったのが大きい。

そもそも前編はキューバ革命が成功することが分かりきっている上に,革命後の演説やらインタビューも織り交ぜながら成功話を淡々と語っていた。しかも,革命に勝利したときですらドラマチックな演出もなく,革命が成功するまでを描いたにも係わらず映画として物語に起伏がないため,常に平地を歩き続けている感じで途中で飽きがきてしまったのが眠くなってしまった要因。

一方,後編は物語の終わりに敗北という2文字が待っている状態。最初こそ過去の経験を活かした戦法で勝利したところまでは退屈だったが,序盤から現地の有力者から協力を得られなかったところから始まり,農民たちは現ボリビア政権側の味方になってしまったり,アメリカがキューバの再来を阻止するために介入したりと,キューバ革命の時とはまったく違う状況に。

元々キューバでの成功を発端とした活動だったので,その成功例が通用しなくなって革命活動の歯車が噛み合わなくなり,戦闘を重ねる毎に仲間を失い,徐々に追い詰められて弱々しくなっていく英雄の姿は,淡々とした演出をもってしても緊張の連続。というか,ここにきて淡々とした演出が映画の中で起こっていることがいかに切迫しているかの説得力を生み出していた。

前編は後編のために用意された完全な前座だったんだな,というのが正直な感想。それだけ後編のほうはいい映画だったと思う。
ラベル:映画
posted by タク at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 2009年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。