2006年12月18日

ジャンプフェスタ2007に行ってきました

去年初めてジャンプフェスタに行った時はTGSにも出てこなかったタイトルや,めっちゃ並んでて遊べなかったタイトルも比較的すんなりできたりしていたので,今年もそんなタイトルたちをプレイするために楽しみにしていたのですが・・・。
全体的に,スクエニ以外がさっぱりだった印象。基本はジャンプに関係あるソフトばかりで,せいぜい任天堂,スクエニ,MS,カプコンくらいしかジャンプ系以外を出してない感じ。さらに,それらの中でもスクエニ以外はあまりパッとしない感じで,せめて逆転裁判4や去年みたいに小粒でもXbox360のタイトルなんかをプレイしたかったところでした。と言ってもしょうがないので,今回プレイアブルしたタイトルのちょっと感想を。
☆[PSP]クライシス コア ファイナルファンタジーVII(公式サイト)
コンピレーションオブFFVIIの一つとしてずっと待たされていただけに,ようやくプレイアブルまできたと思って期待しておったのですが・・・。

ジャンルはアクションRPGとのことですが,主人公のザックスを単純に動かし,敵がターゲットされたら□ボタンを押して攻撃していくという単調な出来栄え。しかも,攻撃にしても1回攻撃したらいくらかインターバルがあるために,連打しても攻撃がすぐさま繰り出されるわけでもないために爽快感がない。
魔法なども使えるのだが,それらも□ボタンで対応し,Lボタン(Rだったか?)で攻撃や各魔法・アイテムなどに実行できるコマンドを切り替えてから使用するようになっている。そのために,魔法にコマンドをセットした後に□を連打すると無意味に魔法を使ってMP消費なんかもしたりするのだが,分かっていてもやってしまいがちになった。これがアイテムなんかだったらかなり痛いところ。

あと,左上の画面にスロットみたいなのが常に回転しており,どういう条件かは全く不明だが,スロットが揃ったりするとボーナスステータスみたいなものを得ることができる。しかし,それがどれだけありがたいものなのかも,どうして発動するのかもさっぱり分からないために,存在意義があまり見出せない。

アクション部分はあまり期待できる出来ではないように思えた。というか,イベントシーンがかなり長いわりに10分ちょっとしかプレイできなかったのは痛かった。2つクエストがあり,1個はクリアできはしたのだが,2個目もやろうとしたら最初のイベントシーンが終わるだろうというころにプレイ時間終了。1個目のプレイでもあまり操作する時間は短かっただけに,せめてイベントシーンをスキップすることができればよかったのだが・・・。


☆[NDS]ファイナルファンタジー クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト(公式サイト)
ゲームキューブで出た前作と比べて,随分とアクション部分の自由度や快適さが上がっていた。
前作同様にボタンをテンポよく押していくとコンボが決まっていくのはもちろんのこと,ジャンプも可能になったことでより豊富なアクションが可能になっている。さらに,瘴気もなくなったために行動に制限もなくなってより快適なプレイができた。

移動に関しては十字キーで行う。上画面ではキャラクターが動き,またマップが掲載されている。下画面ではアイテムの一覧などが表示されており,そこから使用するアイテムなどを選んでいく仕様。

途中,イベントシーンの一部でキャラクターが喋ったり,ゲーム中も攻撃する時に声が入っていたりと,DSソフトとしてはかなり頑張っているように思う。また,フルポリゴンで描かれている街やダンジョンなどもかなり綺麗で,FFIIIでも驚いたが,それ以上にいい出来。

全体的に期待以上のものではあったのだが,不満な点も2点ほどあった。
一つはアイテム使用に関してだが,Xボタンを長く押すことで使用することができるというのはいいのだが,使用するアイテムを一覧選ぶためにはタッチパネルにタッチする必要があるために,いちいちタッチペンを取るか,指でそのまま選んでいかないといけないところ。ザコ戦ならまだいいが,ボス戦などで忙しい場合には焦ってしまう気がする。
また,カメラの位置がキャラクターを常に追跡するようになっているのだが,ちょこまかと動いていくためにかなり動きが激しい。そのために,酔ってしまう可能性もある。
以上2点をなんとかしてくれれば,よりいいものになると思うのだが・・・。


☆[NDS]すばらしきこのせかい(公式サイト)
TGS,Wii体験会と並んでるためにスルーしてきたタイトルだったので,今回ようやくプレイできました。
上下画面で戦闘ということでかなり複雑で忙しい作品になるのかと思っていたのですが,やってみると案外楽。と言っても,想像していたのと比べてですので,他のDSタイトルなんかと比べたら遥かに操作は複雑だと思うし,上下でやることが交互に出てきてかなり忙しい。
本作に関しては,ちとうまく整理しきれてない感じ。慣れれば楽しいのだろうけど,その慣れるまでがすごく大変という作品かと思う。


☆[PS2]聖剣伝説4(公式サイト)
今年のTGSで一度プレイアブルを遊んだ時には面白さがあまり見いだせなかったのですが,発売も近いということで,前よりもより製品に近い出来になって多少は操作性なんかが向上しているだろうと思って,もう一度試してみることにしました。

2回目の感想としては,相変わらず爽快感のないゲーム。剣のアクションについては連打で技が繋がっていくのはいいのだけど,ただ剣を振り回しているだけって感じ。他にもジャンプしながら攻撃などが可能だが,ボタン同時押しとか色々あってかなり複雑。同じスクエニの『キングダムハーツ』と比べて楽しさを感じない。
また,本作で登場するムチアクションについても物を振り回したりすることはできても,それが爽快さに繋がってない。むしろ,どうにも思い通りに振り回せなかったりするので爽快さよりもイライラの方が勝りそう。

久しぶりのナンバリングタイトルだけど,ちと年末はスルーしてもいいかなって思う。ゼルダもあるし。


☆[MOBILE]聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-(公式サイト)
携帯電話ではゲームはするもんじゃない,という先入観を持っていたのですが,このゲームをちょっとやってみてその思いを確固たるものにしました(笑)
片手でプレイできるというのはいいっちゃいいのですが,どうも携帯のボタンでだとゲームをするのに不向きというか,微妙に押しにくい・・・。機種はFOMAだったので,Docomoユーザではない僕があくまで押しにくいと感じただけで,慣れている人にはいいのかもしれませんが。
でも,やっぱりゲームは専用機でやろうと強く思った次第です。


☆[PSP]モンスターハンター ポータブル 2nd(公式サイト)
今年初めに出たPS2用のモンスターハンター2を基本としているだけに,2で出た武器を使用できるようになっていた。
今回は4人でパーティープレイということでドドブランゴという白い猿とのクエストをやってみた。使用した武器は,ポータブルではどういう風に使うのかが気になったので2から使用可能になった弓を使用した。

PSP版の前作ではPS2と比べてプレイしにくいという印象ばかりが残ってしまったのだが,その点については相変わらずか。ただ,近接武器と違って弓の場合は基本は矢を放つために△ボタンを押しているくらいしかないので,思ったよりも操作性のギャップは感じなかった。特殊効果のつくビンを詰める時は2つのボタンを同時押ししたりするのだけど,比較的楽にできたので問題なし。ただ,ビンを選ぶ時はちょっと戸惑ったか。

そこそこ楽しめはしたが,どこか劣化感を感じてしまうのはPS2版をやりまくったせいなのだろうか。
posted by タク at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。