2007年10月08日

[PSP]フェイト/タイガーころしあむ

フェイト/タイガーころしあむ(限定版)フェイト/タイガーころしあむ(限定版)
販売元 : Amazon.co.jp ゲーム
価格 :
[ブランド] カプコン
[発売日] 2007-09-13
[プラットホーム] Sony PSP

■商品..
>

アクションゲームに定評のあるカプコンとキャビアが組んで取り組んだ人気ADVゲームの外伝というかパロディものの対戦アクションゲーム。ストーリーモードを難易度NORMALで全キャラプレイ,フリーバトルやネットワーク対戦モードは未プレイでの感想です。

基本をおさえたアクション

アクションゲームを幾つも製作してきたメーカーだけに,できるアクションの幅はなかなか広い。PSPのボタンを全て駆使しており,アクションゲームの基本とも言えるだろう攻撃・防御をはじめ,ボタンの組み合わせで特殊攻撃ができたり,回避にもパターンが色々あって,敵の裏に回って攻撃したりとそれなりにプレイの幅も広くなっている。

また,ステージ上に出現するタイガーボールというものをゲットすることで一定のMPが貯まってる時にキャラ固有の必殺技が使え,それがまたやたらに強いので,不利な状況になっていても一発逆転なんてことも。まぁ,一発逆転は抜きにどんな感じで各キャラの必殺技が演出されているかを楽しみにがんばってMP貯めて見るって楽しみ方もいいんじゃないかとおもった。というか,そういうプレイばかりしていた。

キャラゲー故の単調さ

ゲームのパターンは4種類ほどあり,そのうち2つは各キャラに設定された虎力というポイントが設定されており,相手を倒すと入るポイントの数を競うものでやられても復活可能なもの,やられたら復活できないサバイバルモード,そしてタイガーボールを所持し続け,一番所持していたキャラが勝利となるタイガーボール争奪戦がある。

上記のゲームのうちタイガーボール争奪戦以外は敵をとりあえず倒せばよく,その攻略法も基本は攻撃を食らう前にコンボを決め,敵がよろめいたら背後に回って起きあがったところをまたコンボ,とやっていけば簡単にハメることができ,弱いキャラを使っていてもノーダメージであっさり勝ててしまう。この方法はあくまで1対1の場合だが,基本はこれで大体OK。
もし敵が複数いたりサバイバルモードの場合は,できるだけ逃げ回って1対1もしくは囲まれずに一直線に敵が並んだりしたら,一気にコンボを決め,また逃げてを繰り返す。もしくは,タイガーボールをゲットして必殺技で一層する方法もある。

マップによってはワープしたり高低差を利用すること通常攻撃が近距離型か遠距離型かの差はあれどキャラ特有の攻略方法というのはなく,どのキャラでもパターンがどうしても固定されがちで,それ故に物足りなさというものがある。キャラゲーにやりごたえというものを期待するのが間違ってるのかもしれないけど……。

タイガーボール争奪戦はさらに単調で,タイガーボールを手に入れたらひたすら逃げればいい。また,敵に先に取られたら……ということも考えなくもないが,敵のAIがあまり賢くないのでよほど運が悪くない限りは先手でゲットすることができる。

パロディ故に原作を知らないと

このゲームのストーリーはパロディ故にどうしても原作を知っていることが前提。
パロディでも中には原作を知らなくても楽しめるものがないとは言えないが,本作は原作キャラとのギャップや元ネタを知っていること前提のギャグが多いため,やはり原作知っていることが前提の面白さに終始してしまっている。それはそれでそれなりに楽しかったが,原作を知らない人でも少しは笑えるものがあればよかった。キャラゲー及びファンゲーという領域に留まってしまっているのが少々残念だ。
ラベル:PSP アクション
posted by タク at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | game | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。