2007年11月01日

[cinema]犯人に告ぐ

監督:瀧本智行
脚本:福田靖
原作:雫井脩介
出演:豊川悦司,石橋凌,小澤征悦,笹野高史,片岡礼子,井川遥,松田美由紀,崔洋一,石橋蓮司,他
公式サイト:http://www.hannin.jp/

意外なことに本作の主演のトヨエツが初めて刑事役に挑んだというベストセラー小説を原作としたミステリー映画。ミステリー映画とはいうが,これはどちらかと言えばオーソドックスな刑事ドラマで驚きというものは特になかったのだが,それでも画面に食い入って観てしまうような不思議な魅力をもった作品だった。

物語は6年前に起こった児童誘拐事件の回想から始まる。この事件で指揮を任されていたトヨエツ演じる巻島は,警察内の縄張り争いや,自身の出世のための手柄にしたいという野心から,当初神奈川県警と警察庁の合同捜査だった事件を県警だけでの捜査にし,犯人逮捕に意気込んでいた。しかし,張り込み中のミスによって結局児童は殺害されるという結末を迎えることになり,それが巻島のトラウマとなってしまう。こんなバックグラウンドがありつつ,地方の警察署に飛ばされて6年経ったある日。川崎でBADMANと名乗る連続児童殺人犯が登場し,その捜査に巻島も参加することになるのだが……。

物語の流れとしてはこんなもんで,過去のトラウマだの,ある大型事件によって捜査の最前線に再び立つといったものは,刑事ドラマとしてはすごくオーソドックス。その後,"劇場型捜査"と銘打ったテレビを使って犯人と対決する巻島や,児童誘拐事件の容疑者,さらにテレビで犯人とコンタクトを取ることに成功し,着実に捜査の手がかりを得ていく巻島に嫉妬するキャリア刑事の工作活動など,様々な人,陣営の思惑が入り乱れつつも芯であるBADMAN事件から決してぶれることがないため,各エピソードが描かれても「これってなんだっけ?」といった混乱も生じることもなく,集中して観ていられた。

また,オーソドックスな題材や展開ながらも飽きることなく画面に魅入られてしまう理由として,トヨエツを始めとした癖のある登場人物たちの存在が挙げられる。
この人物たち,決してドラマに出てくるような大袈裟な個性があったり,いかにも作られた人物像というものを感じない。犯人にしたってもとにかく「なんかいそうだし,こういうやつならこういうことしそう」っていうのが容易く想像できる人物たちなのだ。そのため,"劇場型捜査"というものをしても決して大袈裟な展開になることもなく,捜査にしたってもどこまでも地味。BADMANの決定的な手がかりというのも,この捜査法よりも犯人のあるミスを偶然見つけることができたからで,そこに到るまでの展開は,おそらく劇中の人々と同様「いつになったら進展するんだ」という思いを観ているこちらにも感じさせてくるほどじれったい。
だが,それだけじれたかったからこそリアリティというものを感じるし,そのじれったさがあったからこそ,BADMAN逮捕にむけた最後の作戦を実行する前に「犯人に告ぐ。お前はもう逃げられない。今夜は震えて眠れ」と巻島がTVで犯人に向かって呼びかけるシーンにはとてもじゃないが,言葉にできないくらいにしびれたというか,もはや鳥肌もの。そっから先は興奮しっぱなしで,あとはどうやって犯人を逮捕するかだけが焦点になるのだが,本作はそれだけでは済ませてくれない仕掛けをラストに用意しており,最後の最後までお腹いっぱいだってくらいに予断を許さない展開を見せてくる。

このありとあらゆるところで中弛みをさせない物語は,奇抜なことをしなかったからこそできたことなんだろうと思う。オーソドックスなものでも,中身を凝縮すればこんなにも面白いものに仕上がるのだ,ということを改めて実感させてくれる一本ではないかな。
posted by タク at 00:29| Comment(0) | TrackBack(3) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63768997

この記事へのトラックバック

犯人に告ぐ(豊川悦司:主演)
Excerpt: 「犯人に告ぐ(豊川悦司:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 「雫井脩介のベストセラー小説の...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/enjoy
Tracked: 2007-11-02 23:14

【2007-167】犯人に告ぐ
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 心に傷を負った刑事 VS 姿なき犯人 幕は上がった。主役は、お前だ―― 今夜は震えて眠れ――
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-11-21 22:22

「犯人に告ぐ」
Excerpt: この作品は、今年の秋に劇場公開される作品で、WOWOWが制作した劇場作品である。6/24夜に劇場公開に先駆けてWOWOWが一夜限りの先行放送ということで、劇場公開前に放送してくれたということで、これは..
Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ
Tracked: 2007-11-25 19:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。