2007年11月25日

『Game Japan Festa 2007 in MAKUHARI』イベント全体レビュー

昨年まで大阪のみで開催されていたGame Japan Festa。今年は同会場で実施される「電撃15年祭」との同時開催で,ついに幕張でも開催。同時開催とはいえ,メインは「電撃15年祭」なので会場の片隅での開催のため会場も狭く,試遊台も少ないのでイベントとしては地味でしたが……。

まず最初に,本イベント全体の感想を少し書きます。体験したソフトのレビューについては後ほどアップ予定です。

●関連記事
『Game Japan Festa 2007 in MAKUHARI』ソフト編その1
『Game Japan Festa 2007 in MAKUHARI』ソフト編その2

開場前の状況

最初に書いたとおり,本イベントは『電撃15年祭』というイベントと同じ会場での同時開催なのですが,入り口は別々。しかし,幕張駅から出て入り口案内があるのは電撃のイベントのほうだけで,『Game Japan Festa』の入り口案内はどこを見てもない状態でした。
なので電撃のイベントスタッフに入り口がどこなのかを聞いたんですけど,その人も案内があるだろうと思ってたようでよくは知らない状態。これはさすがに不親切かなぁ? という感じ。よく知らずに行くと,電撃のイベントと同じ列なんだと勘違いしてしまいそう。

幕張のホール9の大通りに面しているところで,なんとか『Game Japan Festa』の入り口を発見。しかし,10時に開場とは思えないくらいに人が並んでない。
9時過ぎに到着したんですが,並んでるのは多く見積もっても100人程度。スタッフも4,5人しかおらず,いくら電撃のイベントから人が流れてくるだろうことを予測しているとはいえ,待機スタッフ少なすぎだなぁという印象。まぁ,前日も同じくらいしか並んでいなかったようなので,少人数でも問題なしと思われたのかもしれないが……。

開場前にはもっと並ぶかと思ったんだけど,せいぜい300人弱くらいしか並んでないんじゃないかと思った。これで来場予定者を2日で2万5000人に設定してたんだからさすがに笑えない。


会場内の状況

会場内はホール9の半分程度のスペースしか取ってないので他のイベントと比べると圧倒的に狭いため,それに合わせて試遊台もそんなに多くない。人気作は2台用意,一番多いので『Wii Fit』『SILENT HILL ZERO』『デビル メイ クライ4(PS3/Xbox360両方合わせて)』の4台で,あとは各メーカの気まぐれ?で1〜2台程度。
人気作でも試遊台が少ないのは少々残念だが,会場スペースの狭さのわりには休憩スペースも用意されているし,通り道もそれなりに広く設定されているので,あまり狭さを感じることはなかった。むしろ,広くない分隅々まで見ることができてよかった。ま,これも人がそんなにいなかったから言えたことなんだが。

午前中はほんとうに閑散としていて,一番並んでいた『Wii Fit』や『デビル メイ クライ4』でも集中したときに10人並ぶくらいで,他は2,3人くらいしか待ってない状態。ちょっと並んでるなと思ったら別のタイトルを先に回ってから戻ってくれば,ほとんど待たなくてもいい状態だった。

一番並んだので『スターオーシャン1 First Departure』の40分で,それも試遊台が1台だったから。他はまったく待ち時間なしか,10分程度しか待たず,数ヶ月前に開催されたゲームショーとは雲泥の差。おかげさまで3時間くらいしかいなかったのに計10本プレイすることができた。

お昼近くになってくると,電撃のイベントのほうから人が流れてきて多少込んできたのだが,午前中からいた人はほとんど見て回れたためか,出て行く人も多かったので会場内が人で込み合うということはなかった。

あと,試遊していて感じたのが,ゲームショーや今度開催される『ジャンプフェスタ』と比べるとずいぶんスタッフがフレンドリーだったり,試遊台が放置されていたりしたりと,だいぶまったりしている点。
ブースによってはスタッフ(コンパニオンじゃないよ!)と客が談笑しているところなんかもあるし,試遊台が空いても放置されてスタッフ誘導なしで「やっていいのかな?」と思いつつプレイしたりと,なんだか自由気ままなところもあり,スタッフが不親切な気もしなくもないが,個人的にはイベント色が薄くて好感は持てた。


全体を通して

イベント開催者的にはあまりに集客がなくて失敗に思われるんじゃないかと思うが,遊ぶ側としてはかなりいいイベントだった。ただ試遊台が並んでいるだけで,あとは適当に並んでどのタイトルも遊ぶだけというスタイルは,完全にショー化してしまったゲームショーとは違って,気軽に並ぶことができた。

ただ,小規模だったからしょうがないとはいえ試遊台が少なかったのはやはり気にかかるところ。今回は人が少なかったからよかったものの,もしイベント主催者が予定していた通りに2日で2万とか来ようものなら一気に溢れかえってしまい,某同人イベントの会場状態にもなりかねなかったんじゃないかと思う。もし本気でそれなりの人数を集客したいなら,もう少し会場を広くしておく必要があるかなぁ,と思った。
ラベル:ゲーム イベント
posted by タク at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。