2008年01月19日

[ライトノベル]ストップ☆まりかちゃん!

ストップ☆まりかちゃん! (電撃文庫 す 10-1)ストップ☆まりかちゃん! (電撃文庫 す 10-1)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ストップ☆まりかちゃん! (電撃文庫 す 10-1)
[著者] 菅沼 誠也
[種類] 文庫
[発売日] 2008-01-10
[出版社] メディア..
>>Seesaa ショッピングで買う

普段ならスルーするギャグものだけど,たまには読んでみようと気まぐれで購入。流し読みであまり期待せずに読んだせいか,思ったよりも楽しめた。

ヒロインは世界的な天才発明家だけど常識がなく,彼女の発明品に主人公が,そしてご近所が大迷惑をこうむるという理不尽なドタバタコメディ。短編形式になっているおかげで一つのネタが長すぎず,短すぎずなボリュームになっており,ヒロインが発明したものの科学やら生物学やらの説明が多少あり,そこの部分が読みづらいが,それ以外は文章に勢いもあってテンポよく読むことができた。

登場キャラは,流されやすい主人公,常識がないマッドサイエンティストなヒロイン,主人公が憧れる天然な美少女とその親友でクールかついじりキャラ,そして容姿は2枚目,性格その他は3枚目なキャラと,ギャグものの定番中の定番で固めている。その他にはちょこっとだけヒロインの監視役を任されている苦労人の女性がいるくらいなもん。

登場キャラが少ないため,4編あるうちで展開が違うのはせいぜい発明品によって引き起こされるトラブルくらいなもん。まぁ,その発明品のトラブルというのが結構豪快だし,各キャラクターの台詞に所々でアニメなどのパロディ的なものが散りばめられていたりと,何かと飽きない展開ではあったが,いかんせん初物ならではの目新しさが先行しているため,続編などで同じノリでこられるとさすがに飽きそうだとは感じた。

この作品で唯一オリジナルな印象があるのが天才たちを保護し,生活を補助する組織というものがあること。この組織に関してはこの巻ではちょろっと説明があったくらいでろくに触れることもなかったので,組織のネタはもちろんのこと,ヒロイン以外にもいるという世界中の天才たちを絡ませたりしていけば面白くなるかもしれない。
posted by タク at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。