2006年12月25日

[cinema]犬神家の一族

監督:市川崑
脚本:市川崑,日高真也,長田紀生
原作:横溝正史
出演:石坂浩二,松嶋菜々子,尾上菊之助,富司純子,松坂慶子,中村敦夫,加藤武,仲代達矢
公式サイト:http://www.inugamike.com/


第2次世界大戦後の日本。信州の犬神財閥の創始者・犬神佐兵衛は,遺産の相続人を記した遺言状は弁護士の古館に預けられることとなり,その遺言状は犬神家の家系のものが全て揃った時でないと開封してはならないと言い残して永眠する。
その遺言状の内容から不穏な出来事が起きるのではないかと感じ取った古館の助手の若林は,探偵である金田一に調査を依頼する。しかし,その若林は金田一と出逢う前に死亡するという事件が起きる。

何か大きな事件の前触れではないかと感じる金田一は,古館の元へと向かい,遺言状の公開に立ち会うこととなる。
一方,犬神家の元では戦地に赴いて行方不明となっていた長女・松子の長男である佐清が帰ってくるも,その顔には黒い覆面が被せられていた。

佐清が帰ったことで遺言状の公開をすることとなったが,そこに書かれていたことは犬神家の家系のものではない,佐兵衛がかつて世話になった恩人の孫娘である野々宮珠世に佐清,佐武,佐智の誰かと結婚することを条件に遺産の全てを渡すというものであった。
その遺言状が公開された次の日,犬神家で恐れられていた血の惨劇が繰り広げられることとなる――。
続きを読む
posted by タク at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

[cinema]武士の一分

監督:山田洋次
脚本:山本一郎,平松恵美子,山田洋次
原作:藤沢周平
撮影:長沼六男
音楽:冨田勲
出演:木村拓哉,檀れい,笹野高史,桃井かおり,大地康雄他
公式サイト:http://www.ichibun.jp/


東北・海坂藩に仕える三十石の下級武士である三村新之丞は,城下の道場で剣術を極め,藩校でも秀才と言われながらも藩主の食事の毒見役に甘んじていた。
毒見役という仕事に不満を持ちつつも,妻の加世と父の代から三村家に仕える徳平と慎ましくも笑いの絶えない生活を送っていた。そんな新之丞は,藩での仕事をやめていつかどんな身分の者でも剣術を習うことができる道場を開くという夢を二人に話す。

そんなある日,いつものように藩主の食事の毒見をした新之丞が,貝の毒によって倒れてしまう事件が起きる。
一時は藩主暗殺の可能性が疑われるも,食事係りの不手際によるものであったことが判明し,食事係りの責任者である樋口作之助が切腹することとなった。

幸いにも命を取りとめた新之丞だが,目覚めた時には自身の目が見えなくなっていることに気づく。そのことが後に新之丞と加世に思わぬ亀裂を生じさせることとなる――。
続きを読む
posted by タク at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

[cinema]カジノ・ロワイヤル

原題:Casino Royale
監督:マーティン・キャンベル
製作:バーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン
脚本:ポール・ハギス、ロバート・ウェイド、ニール・パービス
出演:ダニエル・クレイグ、エバ・グリーン、マッツ・ミケルセン、ジェフリー・ライト、ジャンカルロ・ジャンニーニ、ジュディ・デンチ
公式サイト:http://www.sonypictures.jp/movies/casinoroyale/


若き日のジェームズ・ボンド。彼が"007"になるまでの物語――。

"00(ダブルオー)"のコードを任命されたボンドに託された最初の任務は,世界中のテロリストに軍資金を提供する人物を探り出すこと。その情報源として一人のテロリストを捕まえようとするも,ミスによって領事館に逃げられてしまう。しかし,ボンドの大胆かつ無鉄砲な行動によって領事館内で銃撃戦を展開するも,テロリストから情報となる物を奪い取ることに成功する。

テロリストから奪った情報から"死の商人"と呼ばれるル・シッフルに辿り着き,そこから飛行場でのテロによる資金を得る計画を知り,その計画を見事に阻止することに成功する。
飛行場での計画に失敗したル・シッフルは,新たな資金を得るために1500万ドルを賭けたカジノでのぼーカー・ゲームを計画する。ボンドは,ル・シッフルの資金源を絶つために,ボンドの監視役として送り込まれた美女,ヴェスパー・リンドと共に国家予算を使ってそのポーカー・ゲームに挑むのだが・・・。
続きを読む
posted by タク at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

[cinema]パプリカ

監督:今敏
脚本:水上清資、今敏
原作:筒井康隆
キャラクターデザイン:安藤雅司
音楽:平沢進
声の出演:林原めぐみ、古谷徹、堀勝之祐、山寺宏一、大塚明夫、江守徹
公式サイト:http://www.sonypictures.jp/movies/paprika/


他人の夢とシンクロすることができ,それを映像として記録できるマシン"DCミニ"。あつこは"DCミニ"を使って"パプリカ"という名で非公式に精神治療を行っていた。

ある日,"DCミニ"を開発した"ときた"から"DCミニ"が盗まれたことを知らさせる"あつこ"。そこから研究所の上司である所長が何者かによって"DCミニ"によって,悪夢を植えつけられてしまい,突然奇怪な行動を取り,意識不明の状態になってしまう。やがて事件は他の所員にも広がり,徐々に夢は現実へと介入していく。

あつこは"パプリカ"となって"DCミニ"を盗んだ犯人が誰なのかを探し出し,事件を解決するために夢の中へと潜っていくのだが――。
続きを読む
posted by タク at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

[cinema]トゥモロー・ワールド

原題:Children of Men
監督:アルフォンソ・キュアロン
脚本:アルフォンソ・キュアロン,ティモシー・J・セクストン
撮影:エマニュエル・ルベッキ
出演:クライブ・オーウェン,ジュリアン・ムーア,マイケル・ケイン他
公式サイト:http://www.tomorrow-world.com/


人類に子供が産まれなくなって18年が経った西暦2027年。子供が産まれなくなったことにより,未来への希望を見失った人々が暴徒と化し,世界中の国家が崩壊状態になった中,唯一イギリスだけが治安を維持していたが,同時にその治安維持のために敷かれた政策に不満を持ったテロ活動なども行われる状態へとなっていた。

同年11月18日――。世界最年少の少年・リカルドが刺殺されるという事件が起きた。その事件は人々に悲しみと更なる絶望をもたらしていた。そんな絶望の中,小さなカフェに寄ったセオ(クライブ・オーウェン)は小規模の爆弾テロを間近で体験したことでショックを受ける。
そんな彼はある日,"フィッシュ"と呼ばれるテロ集団によって拉致される。その"フィッシュ"の中には,セオのかつての妻・ジュリアン(ジュリアン・ムーア)がおり,彼女はセオにキーと呼ばれる黒人の少女を存在すらも怪しまれている"ヒューマン・プロジェクト"と呼ばれる世界的組織に保護させるための協力を依頼してきた。
最初こそ断るものの,ジュリアンへの想いから彼女に協力するセオ。果たして彼らはキーを無事"ヒューマン・プロジェクト"に届けることができるのか。

続きを読む
posted by タク at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。