2009年03月23日

[ライトノベル]輪環の魔導師5

あとがきにも書いてあったが,西天将ルナスティアとの決着が着いたことでひとまず第1部完という終わり方をした5巻。決着ついたはいいけど,次以降の伏線として追加された設定がまた蛇足な臭いがぷんぷんと……。

ルナスティアの最終決戦ということもあって,今まで明かされなかった彼女が魔族化した経緯が語られた。これまでもその巻でキーとなるキャラクターの過去エピソードを語ることがあったけど,大してキャラクターの掘り下げができているようには感じなかった。だが今回は,魔族になった要因やセロが気づいた"西天将"の秘密について暗示するなど,掘り下げと伏線をうまく盛り込んでおり,なかなかよい演出になっていた。

ルナスティアとの決着に関するエピソードは,重要な位置にいるかと思っていたメルルーシパの影が薄かった点を除いて,概ね面白かった。セロのソリッド・トーラスの暴走でバーサクモード突入するという珍事でルナスティア勢を壊滅させるという荒業に出たのはアレだが,それもアルカインがセロをいかに大事に思っているかを描くきっかけにもなっていたのでよしってところ。

それ以外,次巻以降の伏線に関するエピソードは結構蛇足というか,次以降の展開が果たしてうまくまとめられるのか不安を感じさせるものが多かった。

以前,セロに対する異常な執念について語られたフィノ。あの時もそうだが,別にフィノはヤンデレお姉さんという設定に留めるだけで十分なのに,なぜか幼少期に魔族に関する重大な秘密を見ていて,その記憶が封印されているとか,どんだけ重要キャラクターにしてるんだって感じ。まぁ,ただのヤンデレだけじゃ書き続けにくいのかもしれんが,かといってそういう重要なことはもう少し段階を経てほしいんだがなぁ。

フィノの過去とリンクして明かされるセロの出生の秘密もそうだが,いきなりセロが今回初登場した北天将の息子だったなどという設定が出てきたことには唐突感が否めない。まぁ,これまで実親については一切セロが知らないこともあるし,実親が敵の親玉として登場するとかはベタっちゃベタなものを持ってくるのはありかもしれないが,正直フィノの件も含めて色々絡ませ過ぎじゃないかと。

あと,これまで六賢人と魔族が勧善懲悪の構図になっていたが,そこから脱却して魔族側の正義,六賢人側の悪が語られるなど,各々の陣営が非常に複雑になりそうな設定も飛び出し,果たして収拾つくんだろうかかなり不安を感じる。『空鐘』も様々な思惑が入り乱れたけど,結局はナァナァで関係が収束していって,黒幕になったやつを共通の敵にするという単純なところに納まったけど,このシリーズはどうなることやら。うまく収束できれば言うことないんだけど……。


輪環の魔導師〈5〉傀儡の城 (電撃文庫)
渡瀬 草一郎
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 788
posted by タク at 00:00| Comment(60) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

[ライトノベル]イスカリオテU

神の奇跡を模倣する断罪衣を纏い,七つの大罪を具現化した<獣>との戦いを描いたシリーズの2作目。新キャラクターの登場や,イザヤの変化と覚悟など,今回も読み応えがあって面白かった。

続きを読む
posted by タク at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

[ライトノベル]葉桜が来た夏3 白夜のオーバード

今回も悪くはなかった。ただ,もうちょっと話の規模をマクロにしたほうがいいんじゃないかなぁ,という気がしなくもなかった。

続きを読む
posted by タク at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

[ライトノベル]ラプンツェルの翼

『ツァラトゥストラへの階段』が面白かったので作者買いしてみたが,作風が悪い意味で崩れてなかったという印象の強い新作。

続きを読む
posted by タク at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

[ライトノベル]雪蟷螂

いつの間にか前作,前々作が『人食い3部作』になっていたらしく,〆となる3作目だそうで,どんな後付けだよとツッコミを入れたくなりつつも,相変わらずの丁寧で小説の世界に引き込まれる文章に魅了された。

続きを読む
posted by タク at 23:53| Comment(1) | TrackBack(1) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

[ライトノベル]アクセル・ワールド1 黒雪姫の帰還

第15回電撃小説大賞の大賞受賞作。Web小説として人気を博した作品を改定したものらしいが,元のほうは読んだことないので分からんが大賞を受賞するのも納得の面白さ,そして熱い魂の入った文章だった。

続きを読む
posted by タク at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

[ライトノベル]東京ヴァンパイア・ファイナンス

第15回電撃小説大賞の銀賞受賞作。
新人賞四冠の作者が描くライトノベルはどれほどのものか,と手に取ってみたが,なんか新人賞総なめに便乗した出版社側の煽りで受賞したんじゃないかとちょっと思ってしまった。

続きを読む
posted by タク at 23:32| Comment(0) | TrackBack(1) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

[ライトノベル]パララバ

今年も電撃小説大賞受賞作が出てくる季節がきた!
ということで,まずは大賞よりも面白いケースが多い金賞受賞作の『パララバ』から読んでみたが,読者側が読んでて恥ずかしくなるくらい青春したラブストーリーにしたほうがいいんじゃないか,って作品だった。

続きを読む
posted by タク at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

[ライトノベル]聖剣の刀鍛冶

アニメ化決定したから……ではなく,いつも行ってる本屋で熱いキャラクターが活躍することを説いたお薦めポップを見て手に取ってみたが,確かに無駄に熱血なのが心地よいファンタジーだった。

続きを読む
posted by タク at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

[ライトノベル]付喪堂骨董店5―“不思議”取り扱います

不思議な力を持つ"アンティーク"にまつわるエピソードを描いたシリーズも,ついに5巻目。今回もいつもどおり4編の物語を収録してたけど,最後の刻也と咲のすれ違いエピソード以外は微妙な感じだった。


続きを読む
posted by タク at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

[ライトノベル]空ろの箱と零のマリア

3月2日という中途半端な時期に転校してきた美少女・音無彩矢。彼女の"宣戦布告"によって日常を壊されてしまった星野一輝。3月2日という"日常"をループする「拒絶された教室」。多くの謎を散りばめつつ,ループする"日常"を巧みに組み替えながら真相に迫っていく手法がとても面白かった。

続きを読む
posted by タク at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

[ライトノベル]獅子の玉座<レギウス>V 妖精楽園

さらなる試練を乗り越えて深まるレオンとアリアンの絆。それと同時に,神々の秘された逸話,そして女神エウレネの思惑の片鱗を見せた3巻。よい感じにストーリーもキャラクターも王道ファンタジーになって面白くなってきた。

続きを読む
posted by タク at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

[ライトノベル]プシュケの涙

夏休みで人気のない校舎。そこで起こった吉野彼方という少女の自殺。彼女は何故自殺したのか,その真相を解明するミステリー小説かと思って手に取ったが,実態は青春小説だった。

続きを読む
posted by タク at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

[ライトノベル]電波女と青春男

この作者の作品を読むのは『みーまー』の1巻以来。あのときは主人公の「嘘だけど」のワンパターンさに面白みを見出せず,結局1巻で切ったわけだが,今回のコレは,そのときのマイナスイメージを吹き飛ばすくらい楽しませてもらった。

続きを読む
posted by タク at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

[ライトノベル]静野さんとこの蒼緋

学園コメディにありがちな破天荒な設定のキャラクターが揃っていたけど,設定に見合った活躍というかはじけ方をしておらず,コメディとしてはとても中途半端な出来だった。

続きを読む
posted by タク at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

[ライトノベル]断章のグリム\ なでしこ・下

いつもなら上下巻構成なら2ヶ月程度で次が出てきたけど,今回はちょっとゆっくりめに出てきた「なでしこ」の下巻。ラストの展開に思わず泣きそうになった。

続きを読む
posted by タク at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

[ライトノベル]アカイロ/ロマンス2

新キャラも登場したけど,やっぱり突出した個性というものが出せてないのが気になった和風伝奇モノの続編。

続きを読む
posted by タク at 23:04| Comment(0) | TrackBack(1) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

[ライトノベル]俺の妹がこんなに可愛いわけがないA

見た目はイマドキの女子中学生なのに,妹モノのエロゲーや美少女アニメが大好きというキャッチーな設定で惹きつけ,中身はオタクに比較的ドライな距離をもって接してて好感を持てた作品の2巻。今回も面白かったけど,良くも悪くも1巻の焼き直しという印象だった。

続きを読む
posted by タク at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

[ライトノベル]イスカリオテ

かつて聖人と呼ばれる人間が起こしたと言われる神の奇跡を模倣する断罪衣を纏い,七つの大罪を具現化した<獣>と闘うバトルアクションファンタジー。他作品ではあまり見かけない設定や,面白い個性を備えたキャラクターたちによって彩られるストーリーやバトルがとても面白かった。

続きを読む
posted by タク at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

[ライトノベル]モーフィアスの教室4 黄昏の王女

ラスボスである「赤い目」の登場で,いよいよ核となるストーリーが動き出すと思っていたら完結したことにちょっとびっくりな最終巻。

続きを読む
posted by タク at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | novel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。