2007年12月26日

[cinema]魍魎の筺

監督:原田眞人
脚本:原田眞人
原作:京極夏彦
出演:堤真一,阿部寛,椎名桔平,宮迫博之,田中麗奈,他
公式サイト:http://www.mouryou.jp/

長編小説を原作とした映画での悪い見本を観たよう。決してつまらなくないが,原作がもつ独特の雰囲気と長大な内容のみを取り出しただけで,色々な具材が入ってるけど,強い味の鍋つゆのために素材のうまみが消されてしまい,ずっと同じ味になってしまった鍋のよう。

続きを読む
ラベル:映画 ミステリー
posted by タク at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

[cinema]エンジェル

原題:Angel
監督・脚本:フランソワ・オゾン
原作:エリザベス・テイラー
出演:ロモーラ・ガライ,サム・ニール,シャーロット・ランプリング,ルーシー・ラッセル,マイケル・ファスベンダー
公式サイト:http://angel-movie.jp/

フランソワーズ・オゾン監督は一体どんなトリックを使ったんだろうか。どう考えてもリアルにいたらうざいというか,マジでキレること間違いなしな主人公・エンジェルが,見終わった時には不思議と憎めないキャラになっているのだから,マジックとしか言いようがない。

続きを読む
posted by タク at 21:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

[cinema]アイ・アム・レジェンド

原題:I Am Legend
監督:フランシス・ローレンス
脚本:マーク・プロトセビッチ、アキバ・ゴールズマン
出演:ウィル・スミス,他
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/iamlegend/

アメリカのSF作家リチャード・マシスン著『地球最後の男(邦題)』を原作としたSFホラー。過去に2回ほど映画化されてきたそうだがどっちも未見。映画の説明を読む限りは2作目を現代風にした形で,原作とは違うものになっている。

続きを読む
ラベル:映画 SF ホラー
posted by タク at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

[cinema]ベオウルフ

原題:Beowulf
監督・製作:ロバート・ゼメキス
脚本:ニール・ゲイマン,ロジャー・エイバリー
出演:レイ・ウィンストン,アンソニー・ホプキンス,ロビン・ライト・ペン,ジョン・マルコビッチ,アンジェリーナ・ジョリー,他
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/beowulf/

現存する最古の英語英雄叙事詩を,ロバート・ゼメキス監督が前作『ポーラー・エクスプレス』と同様にモーションキャプチャー+CGアニメを用いて描いた本作。実写のようで実写でない不思議な映像は,想像以上に圧倒的な迫力をもって英雄叙事詩を壮大に描き出し,そして作品にマッチしていた。

続きを読む
posted by タク at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

[cinema]ウェイトレス〜おいしい人生のつくりかた

原題:Waitress
監督・脚本:エイドリアン・シェリー
出演:ケリー・ラッセル,ネイサン・フィリオン,シェリル・ハインズ,ジェレミー・シスト,アンディ・グリフィス,エイドリアン・シェリー
公式サイト:http://movies.foxjapan.com/waitress/

アメリカの田舎町にあるパイレストランでウェイトレスをしているジェナ。ダメ亭主による過剰な嫉妬と暴力によって自由を奪われている彼女が,望まぬ妊娠をしてしまったことから始まる,ユーモアたっぷりの男性には痛く,女性には賛美される(かもしれない)映画。

続きを読む
ラベル:映画 コメディ
posted by タク at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

[cinema]転々

監督・脚本:三木聡
原作:藤田宜永
出演:オダギリジョー,三浦友和,小泉今日子,吉高由里子,岩松了,ふせえり,松重豊,他
公式サイト:http://tokyosanpo.jp/indexp.html

法学部の8年生である大学生と,突如現れてその大学生が抱える借金を取り立てにきた借金取り。借金取りの男が妻を殺してしまったことで男が警察に自首するまでの間,二人で東京中を散歩する。ただそれだけの映画だが,単館系の日本映画が持つゆるい雰囲気にうまくマッチしていた。

続きを読む
ラベル:映画 ドラマ
posted by タク at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

[cinema]ディスタービア

原題:Disturbia
監督:D・J・カルーソー
脚本:クリストファー・ランドン,カール・エルスワース
出演:シャイア・ラブーフ,サラ・ローマー,アーロン・ヨー,デビッド・モース,キャリー=アン・モス,マット・クレイブン,他
公式サイト:http://www.disturbia.jp/top.html

主人公やその友人たちの若者故のイライラしそうなバカ行動を我慢することさえできれば,これほどスリルがあり,好奇心を刺激してくるサスペンス・スリラーも最近では珍しいと感じさせる映画だった。

続きを読む
posted by タク at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

[cinema]once ダブリンの街角で

原題:Once
監督・脚本:ジョン・カーニー
製作:マルティナ・ニランド
出演:グレン・ハンサード,マルケタ・イルグロバ,他
公式サイト:http://www.oncethemovie.jp/

ダブリンを舞台に,ストリートミュージシャンをしている男がある女性と出逢いを描いたドキュメンタリー風味の音楽映画。そこにちょっとしたラブロマンスをエッセンスとして注入することで,大作映画に食傷気味になった胃を癒す効果をもたらしている。

続きを読む
ラベル:映画 音楽
posted by タク at 23:41| Comment(0) | TrackBack(5) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

[cinema]ヘアスプレー

原題:Hairspray
監督:アダム・シャンクマン
脚本:レスリー・ディクソン
出演:ジョン・トラボルタ,ニッキー・ブロンスキー,アマンダ・バインズ,クリストファー・ウォーケン,ザック・エフロン,イライジャ・ケリー,クイーン・ラティファ,ミシェル・ファイファー,ブリタニー・スノウ,ジェームズ・マースデン
公式サイト:http://hairspray.gyao.jp/

1988年に公開された同名コメディ映画がミュージカル化。そして,今度はそのミュージカルを映画化という奇妙な経緯のある作品。
人種差別というものがテーマにあるとは思えないくらい明るく,後ろ向きになるという発想がないのかというくらい前向き。観ているとスクリーンのキャラクターたちと一緒に踊りたくなるくらい楽しい映画だった。

続きを読む
posted by タク at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

[cinema]タロットカード殺人事件

原題:Scoop
監督・脚本:ウッディ・アレン
製作総指揮:スティーブン・テネンバウム
製作:レッティ・アロンソン,ギャレス・ワイリー
出演:スカーレット・ヨハンソン,ヒュー・ジャックマン,ウッディ・アレン,イアン・マクシェーン,他
公式サイト:http://www.wisepolicy.com/scoop/

『マッチポイント』に引き続きスカーレット・ヨハンソンを迎えて贈るウディ・アレンの新作。しかも,またしてもロンドンを舞台としたミステリー。しかし,いまどきの本格ミステリーとかとは違い,良くも悪くもフィクションであることを割り切ったちょっとぶっ飛んだミステリーものだ。

続きを読む
ラベル:映画 ミステリー
posted by タク at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

[cinema]ボーン・アルティメイタム

原題:The Bourne Ultimatum
監督:ポール・グリーングラス
脚本:トニー・ギルロイ,スコット・バーンズ,ジョージ・ノルフィ
製作:フランク・マーシャル,パトリック・クローリー,ポール・サンドバーグ
原作:ロバート・ラドラム
出演:マット・デイモン,ジュリア・スタイルズ,デビッド・ストラザーン,ジョアン・アレン,他
公式サイト:http://bourne-ultimatum.jp/

記憶を失った最強の暗殺者,ジェイソン・ボーンの自分探しもついに終焉。
思えば,あのマット・デイモンがアクションを? という懐疑的な気持ちを持ちながら観に行った本シリーズの1作目。帰るころにはマットのアクション俳優の素質をまざまざと見せつけられ,また,これまでのアクション映画ではあまりいなかったタイプのヒーローの誕生に,続編が待ち遠しくてしょうがないという気持ちを植え付けられたもの。それも遂に本作で見納め(4作目の噂もあるが,一応3部作の完結なので)。

続きを読む
ラベル:映画 アクション
posted by タク at 01:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

[cinema]バイオハザードV

原題:Resident Evil: Extinction
監督:ラッセル・マルケイ
脚本:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョボビッチ,オデッド・フェール,アリ・ラーター,イアン・グレン,他
公式サイト:http://www.sonypictures.jp/movies/residentevilextinction/

シリーズを追う毎にアリスの超人化とウイルス感染の規模が拡大化してく映画版バイオハザード。一応その完結? らしい3作目だが,美しいフィナーレを飾るには至らなかった。

続きを読む
ラベル:アクション 映画
posted by タク at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

[cinema]グッド・シェパード

原題:The Good Shepherd
監督・製作:ロバート・デ・ニーロ
脚本:エリック・ロス
出演:マット・デイモン,アンジェリーナ・ジョリー,ロバート・デ・ニーロ,他
公式サイト:http://www.goodshepherd.jp/

スパイを題材にした映画といえば,どうしても某イギリスのスパイアクションのイメージになりがちだが,本作はアクションは一切なしの,徹底した情報戦による重厚な人間ドラマで描かれた大人のスパイ映画という感じに仕上がってる。

続きを読む
posted by タク at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

[cinema]犯人に告ぐ

監督:瀧本智行
脚本:福田靖
原作:雫井脩介
出演:豊川悦司,石橋凌,小澤征悦,笹野高史,片岡礼子,井川遥,松田美由紀,崔洋一,石橋蓮司,他
公式サイト:http://www.hannin.jp/

意外なことに本作の主演のトヨエツが初めて刑事役に挑んだというベストセラー小説を原作としたミステリー映画。ミステリー映画とはいうが,これはどちらかと言えばオーソドックスな刑事ドラマで驚きというものは特になかったのだが,それでも画面に食い入って観てしまうような不思議な魅力をもった作品だった。

続きを読む
ラベル:映画 ミステリー
posted by タク at 00:29| Comment(0) | TrackBack(3) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

[cinema]パンズ・ラビリンス

原題:El laberinto del fauno
監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ
製作:ギレルモ・デル・トロ,アルフォンソ・キュアロン,アルバロ・アウグスティン,ベルサ・ナバロ,フリーダ・トレスブランコ
出演:セルジ・ロペス,マリベル・ベルドゥ,イバナ・バケロ,ダグ・ジョーンズ,アリアドナ・ヒル,アレックス・アングロ
公式サイト:http://www.panslabyrinth.jp/

スペインとメキシコで共同製作されたダークファンタジー。主人公が少女ということで最初はあまり期待していなかったのだが,思った以上にダークでグロく,ファンタジー部分の展開はとても素晴らしい出来。しかし,主人公をはじめとした登場人物がかなりバカなので,それに耐えられないと辛く感じることも……。

この作品は内戦中のスペインを舞台に,山奥で反政府軍狩りをしている新しい父親になったお偉い軍人を赴く道中で,本好きな主人公の少女が不思議な虫と出逢うところから始まる。

この作品,ダークファンタジーなだけに夢いっぱいのファンタジーというものが欠片すらなく,そういったものを期待することなど言語道断。冒頭に出てくる不思議な虫というのからしていかにも不気味さを醸し出す容姿になっていて,後に妖精というわりには全くかわいさの欠片もないものに変身(そのシーンがまた気持ち悪い)するし,パンと呼ばれる番人が出てきたかと思ったら,神話に出てくる妙にリアルな動物の顔をしており,奇声と不快感たっぷりの動きと喋り方をしてきて不気味さを強調してくる。さすが,なんかアカデミーの美術部門にノミネートだか受賞しただけある。

ストーリーは,虫に導かれて番人パンと出逢い,そこで渡された本に書かれる試練を主人公が乗り越えるのと,多感な少女故の新しい父との蟠りからくる悩みを中心に描かれていく。
作中のファンタジーな部分について,パンを始めとしたファンタジー中に出てくるものたちは全て出てくるシーンは必ず暗いシーンでかつ主人公が一人でいる場合にのみを徹底している。そのあまりの不自然さは,終盤に主人公が体験してきた試練などが本当に現実だったのか,はたまた主人公が描いた幻想だったのか,そんな曖昧さを帯びてくる。

このダークさだけでなく存在そのものすら危うく感じさせる展開はとても良いのだが,それを台無しにしているのが主人公の軽率な行動の数々。
最初の試練では,新しく買ってもらったドレスと靴を履いた状態で試練の場に向かい,樹の中に入ろうというときに服だけ脱いで樹にかけていったら,結局風で飛ばされて汚れて母親に怒られるし,第2の試練では食卓の食べ物を食べてはいけないと忠告されたにもかかわらず食べてしまい,案内役として連れ添っていたキモイ妖精2匹を殺されたり,実に軽率。とてもイライラさせられた。

この軽率な行動をとるのがリアルだと言われたら確かにリアルなのだろうが,そんなイライラするリアルはリアルさなど不要なフィクション作品ではいらないと思うだけに,このキャラクター設定には少々疑問を感じた。他にも,作中でいる必要があるのかが疑問な反政府軍も軽率で無計画な行動取りすぎだし,どんだけ素人なんだよってレベルのことばかりやってくれる。おかげでよりイライラを増長させられた。そもそも,この反政府軍の存在が果たして映画を盛り上げたり,スパイスとなっているかと言えばまったくなってないので蛇足としか言いようがない。ダークファンタジーで戦争や政府論を説く意味がまるで分からないといったところ。

できることなら,上映時間は短くなっていいからダークファンタジー一色でいってほしかった。そうすれば,主人公の軽率な行動にも少しは寛容になれたような気もするし。
posted by タク at 14:24| Comment(0) | TrackBack(2) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

[cinema]インベーション

原題:The Invasion
監督:オリバー・ヒルシュビーゲル
脚本:デビッド・カイガニック
製作:ジョエル・シルバー
原作:ジャック・フィニイ
出演:ニコール・キッドマン,ダニエル・クレイグ,ジェレミー・ノーサム,ジェフリー・ライト,ジャクソン・ボンド
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/theinvasion/

素材や出演陣からそれなりにヒットはするだろうと思っていたけど,アメリカのほうじゃ大コケ。もしかして地雷だったのかな? と内容が多少心配だったのだが,そんなに心配するほどのものでもなく,またニコールが相変わらず美人だった。

続きを読む
ラベル:映画 SF
posted by タク at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

[cinema]キングダム/見えざる敵

原題:The Kingdom
監督:ピーター・バーグ
脚本:マシュー・マイケル・カーナハン
製作:マイケル・マン
出演:ジェイミー・フォックス,クリス・クーパー,ジェニファー・ガーナー,ジェイソン・ベイトマン,ダニー・ヒューストン,アシュラフ・バルフム,他
公式サイト:http://www.kingdom-movie.jp/

中東のテロリストとFBIという構図からいつものアメリカ万歳な映画だとばかり思っていたら,そんな万歳なぞどこ吹く風。中東とアメリカの政治的関係を色濃く取り込んだ社会派アクション大作に仕上がっていた。

続きを読む
posted by タク at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

[cinema]サルバドールの朝

原題:Salvador
監督:マヌエル・ウルエガ
脚本:ユイス・アルカラーソ
原作:フランセスク・エスクリバノ
出演:ダニエル・ブリュール,レオノール・ワトリング,レオナルド・スバラグリア,イングリット・ルビオ,トリスタン・ウヨア,他
公式サイト:http://www.salvadornoasa.com/

本作の主演男優が出演してきた過去作品がそれなりに評判よさげだったので,サルバドールという人物が一体どういう人なのかという予備知識ゼロで観に行った。結果,自伝物の悪い例を観ることとなってしまった。

続きを読む
ラベル:映画 ドラマ 自伝
posted by タク at 00:01| Comment(0) | TrackBack(4) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

[cinema]めがね

監督・脚本:荻上直子
出演:小林聡美,市川実日子,加瀬亮,光石研,もたいまさこ,薬師丸ひろ子
公式サイト:http://www.megane-movie.com/

『かもめ食堂』のスタッフがおくる「たそがれる」をテーマとした癒し系まったりムービー。前半はゆったりとした時間の流れの中にゆるい笑いを織り交ぜることで笑わし,後半は登場人物たちだけでなく,観ているこちらも思わずたそがれてしまうようなゆっくりとした時間を味わうことができた。

続きを読む
ラベル:ドラマ 映画
posted by タク at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

[cinema]ローグ アサシン

原題:War
監督:フィリップ・G・アトウェル
脚本:リー・アンソニー・スミス,グレゴリー・J・ブラッドリー,ジム・トンプソン
製作:クリストファー・プレッツェル,スティーブ・カースマン
出演:ジェット・リー,ジェイソン・ステイサム,他
公式サイト:http://www.rogue-assassin.com/

アクション映画は引退するって言ってなかったっけ? という疑問を抱きたくなるジェット・リーと,いまや濃い本格アクション俳優としてその地位を確立したジェイスン・ステイサムが共演するアクション。

続きを読む
ラベル:映画 アクション
posted by タク at 23:39| Comment(0) | TrackBack(2) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。