2007年10月06日

[cinema]パーフェクト・ストレンジャー

原題:Perfect Stranger
監督:ジェームズ・フォーリー
脚本:トッド・コマーニキ
製作:エレイン・ゴールドスミス=トマス
原作:ジョン・ボーケンキャンプ
出演:ハル・ベリー,ブルース・ウィリス,ジョバンニ・リビシ,他
公式サイト:http://www.movies.co.jp/perfectstranger/

ラストのどんでん返しみたいなキャッチフレーズが地雷になって早数年。こんなフレーズが出たら地雷だと思って回避するものだが,たまーに本当にすごいラストを見せてくれる作品もあるから困りもの。だが,本作は予想通りの地雷。主演にブルース・ウィリスがいなければ確実に見なかっただろう。

続きを読む
ラベル:映画 ミステリー
posted by タク at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

[cinema]ミス・ポター

原題:Miss Potter
監督:クリス・ヌーナン
脚本:リチャード・モルトビー・Jr.
出演:レニー・ゼルウィガー,ユアン・マクレガー,他
公式サイト:http://www.excite.co.jp/cinema/miss-potter/

レニー×ユアンで送るピーター・ラビットの生みの親であるヴィクトリア・ポターの自伝映画。自伝映画で90分ちょっとと上映時間が短いわりに,要点をうまくまとめてあって気持ちよく観ることができた。

続きを読む
ラベル:映画 自伝
posted by タク at 01:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

[cinema]さらば、ベルリン

原題:The Good German
監督:スティーブン・ソダーバーグ
脚本:ポール・アタナシオ
原作:ジョゼフ・キャノン
出演:ジョージ・クルーニー,ケイト・ブランシェット,トビー・マグワイア,他
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/thegoodgerman/


娯楽大作よりも作家性が強く出ても違和感のない小規模なほうがこのスティーブン・ソダーバーグ監督の作品はいい。そんなことを強く実感させる作品。

この作品はポツダム宣言直前のドイツを舞台にした作品でその時代風に撮ることにこだわったらしく,ただ映像を白黒で撮るだけじゃなく全体の流れや音楽による演出,映像一つ一つのカットなど,細かいレベルまで1940,50年代の匂いがプンプン漂ってくる。そんなテイストのため,今のCGバリバリのド派手な展開や単館系の芸術色に凝ったものは一切なく,荒々しくも古き良き時代の勢い任せって感じに仕上がってる。

特に当時のテイストを感じる最大の要因が音楽。最近では音楽はあくまで映像を盛り上げるための脇という印象を感じるのだが,この作品では役者の心情やどういう場面なのかというのを役者の演技だけでなく音楽で表現しており,時にびっくりするような大音量が流れてくるのだが,これがやたらと心地よい。

またストーリー展開も思わせぶりなものが多く出てくるかと思えば,大した説明なしにどんどん突き進んでいったかと思ったら気づかぬうちにラストまでいき,ラストである謎が明かされる瞬間には「そんな話だったっけ?」と呆然としつつも,こういう勢いもまた昔の映画ならではかなと。整合性だとかを求めるとこんがらがってくるので,昔の映画のテイストを懐かしむ程度の楽しみ方をすれば結構面白く観られる。
ラベル:映画 ドラマ
posted by タク at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

[cinema]ファンタスティック・フォー/銀河の危機

原題:Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer
監督:ティム・ストーリー
脚本:ドン・ペイン、マーク・フロスト
撮影:ラリー・ブランフォード
音楽:ジョン・オットマン
出演:ヨアン・グリフィズ,ジェシカ・アルバ,クリス・エバンス、マイケル・チクリス,ジュリアン・マクマホン,ローレンス・フィッシュバーン,他
公式サイト:http://movies.foxjapan.com/f4_2/


アメコミが原作だけあって全米で世界興収のほとんどを稼いだ前作のヒットから2年。さらなるスケールアップをもって作られたと思われる2作目は,前作以上にとてもファンタスティックとは言えないものだった。

前作と比べてスケール自体は本当にアップしている。前作と同じキャストが今回も集い,さらに地球が滅亡するかもしれないという危機,原作で人気が高いらしいシルバー・サーファーというキャラクターが出てくるなど,これをスケールアップと言わずしてなんと言おうかというくらいに素材は揃っている。にも関わらず,この作品は日本での知名度の低さ,地味さを体現したかのようにストーリーの展開が地味。

まず,シルバー・サーファーが地球を滅亡させるにあたって下準備をしているという姿が既に地味になっている。いや,下準備をするなとは言わないのだが,地球の核に向かって穴を世界中で空けているのは分かるのだが,その描写が「ちょっと穴空けていきますね」って感じで,あまり深刻な事態とは思えないくらいにあっさりしているのだ。
それと,前作では強大な敵に4人がチームワークで立ち向かい,また街の人々を戦いながらも守っていくという姿が地味ながらも熱い展開で楽しかったのに,今回はあまりチームワークというものも見られず,人助けもあるにはあるけど,戦いながら守るというシチュエーションだったからこそ熱かった救助活動も,敵は既に飛び去り,後処理でしかないという感じになってしまってはとても興奮できるものではなかった。

盛り上がるところとしては,予告などで散々使い回されてるシルバー・サーファーと全身炎に包まれるにーちゃんの追いかけっこと,前作で死んだと思われたラスボスが復活してまた悪さをしているのを,これまた炎のにーちゃんが今作限定で手に入れた他のメンバーの能力をもらうことができるというのを使って一人で立ち向かうシーンくらいなもん。チームワークで活躍するのが本作の肝だろうに,チームで活躍するのなんてほとんどなく,とりあえず炎のにーちゃん以外は一回くらいは能力使って活躍させないとね程度のオマケ感覚のため,持ち味をほとんど活かせてない状態で,盛り上がるのは1対1での戦闘くらい。それすら他のアクション映画と比べると迫力もなく盛り上がりに欠けるし,さらにもろCGっていうのが分かる質感になってしまっているので萎え気味になってしまうのだ。せっかく前作がヒットしてお金がたくさん使えるようになっただろうに,CGが浮きまくってるのを見た瞬間は落胆したものだ。

最後に,多少面白いと思えたところとしてはファンタスティック・フォーのメンバーがどんだけ活躍していても,その活動中にパトカーなどを破壊すると請求書がくるという事実が判明したくらいだろうか。そこはなんともヒーローにも世知辛い現実だなって感じで笑えはした。
ラベル:映画 アメコミ
posted by タク at 23:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

[cinema]題名のない子守唄

原題:LA SCONOSCIUTA/THE UNKNOWN WOMAN
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
製作:ラウラ・ファットーリ
脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ,マッシモ・デ・リタ
出演:クセニア・ラパポルト,ミケーレ・プラチド,クラウディア・ジェリーニ,ピエラ・デッリ・エスポスティ,他
公式サイト:http://www.komoriuta-movie.com/


邦題からほのぼのとしたホームドラマものだと思っていた。だが,そんな予想を初っ端から打ち砕く衝撃が待ち受ける映像が飛び出しきて,終始緊張感が漂うミステリーをふんだんに撒き散らした作品だった。

続きを読む
posted by タク at 18:38| Comment(2) | TrackBack(10) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

[cinema]オーシャンズ13

原題:Ocean's 13
監督:スティーブン・ソダーバーグ
脚本:ブライアン・コッペルマン,デビッド・レビーン
製作:ジェリー・ワイントローブ
出演:ジョージ・クルーニー,ブラッド・ピット,マット・デイモン,アル・パチーノ,他
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/oceans13/


豪華オールスターキャストというわりには一人看板だと微妙な立ち位置にいるスターたちと,スティーブン・ソダーバーク監督の大ヒットお祭り映画3作目。あの強烈なまでに退屈で眠いだけというか上映時間の1/3は確実に寝ていた2作目での反省があったのか,1作目のようなエンターテイメントとして誰もが楽しめる作りになっていた。

続きを読む
ラベル:映画 犯罪
posted by タク at 22:40| Comment(2) | TrackBack(3) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

[cinema]ベクシル 2077日本鎖国

監督:曽利文彦
脚本:半田はるか、曽利文彦
声の出演:黒木メイサ,谷原章介,松雪泰子,大塚明夫,櫻井孝宏,森川智之,柿原徹也,他
公式サイト:http://www.vexille.jp/


設定が明らかに厨二,全編フルCGアニメ,主要キャストがみんな声優じゃない,監督がアニメやってたわけじゃない。なんか色々と予告からも地雷臭がしてしょうがなかった。だけど気まぐれというか暇つぶし程度に観に行ってみたら,意外と面白かった。

続きを読む
ラベル:映画 CG アニメ
posted by タク at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

[cinema]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

監督・脚本・原作:庵野秀明
出演:緒方恵美,林原めぐみ,三石琴乃,山口由里子,立木文彦,清川元夢,麦人,他
公式サイト:http://www.evangelion.co.jp/

あのヱヴァ(なんで"ヱ"なのか小一時間だが)がまた新たな劇場版となって生まれ変わる。今更何故ヱヴァを? とか思いつつも,過去のTV版や劇場版と一体どんなラストが待ち受けてるのか気になってしょうがないので初日に早速足を運んでしまった。

続きを読む
ラベル:映画 アニメ
posted by タク at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

[cinema]プロヴァンスの贈りもの

原題:A Good Year
監督:リドリー・スコット
脚本:マーク・クライン
原作:ピーター・メイル
出演:ラッセル・クロウ,マリオン・コティヤール,アルバート・フィニー,フレディ・ハイモア,アビー・コーニッシュ,トム・ホランダー,他
公式サイト:http://www.provence-movie.jp/


テーマも内容も重めの作品が多かったリドリー・スコット監督だが,息抜き感覚のつもりで撮ったのか,シナリオで何か仕掛けがあるわけでもない,重いテーマもなしで,本作はかなり肩の力を抜いた癒しの感じさせるラブコメとヒューマンドラマを合わせた作品だった。

続きを読む
ラベル:映画 ドラマ
posted by タク at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

[cinema]消えた天使

原題:The Flock
監督:アンドリュー・ラウ
脚本:クレイグ・ミッチェル,ハンス・バウアー
製作:アンドリュー・ラウ,フィリップ・マルチネス,エリー・サマハ,ジェネット・カーン,アダム・リッチマン
出演:リチャード・ギア,クレア・デーンズ,ケイディー・ストリックランド,アブリル・ラビーン
公式サイト:http://www.kieta.jp/

つい最近『傷だらけの男たち』で軽く失望させられたばかりだったアンドリュー・ラウ監督のハリウッド進出第一弾。ハリウッド第一弾ということではりきってるのか否か分からないが,良くも悪くもストーリー先行だった『インファナル〜』や『傷だらけ〜』と違って,映像作家らしい視聴技術に凝った作品になっていた。

続きを読む
posted by タク at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

[cinema]ルネッサンス

原題:Renaissance
監督:クリスチャン・ボルクマン
脚本:アレクサンドル・ド・ラ・パトリエール,マチュー・デラポルト
音楽:ニコラス・ドッド
出演:ダニエル・クレイグ,キャサリン・マコーマック,ジョナサン・プライス,イアン・ホルム
公式サイト:http://www.renaissance-movie.net/


内容がどういうものかは分からないが,とにかく全編モノクロのCGアニメで描かれているということで,技術的な面で気になってつい観てしまった。率直に言えば,物語ありきのモノクロアニメなので技術に傾倒することはなく,多少混乱したが物語は悪くはなかった。

続きを読む
ラベル:映画 CG アニメ
posted by タク at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

[cinema]トランスフォーマー

原題:Transformers
監督:マイケル・ベイ
脚本:ロベルト・オーチー,アレックス・カーツマン
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ,マイケル・ベイ
出演:シャイア・ラブーフ,ミーガン・フォックス,レイチェル・テイラー,ジョシュ・デュアメル,タイリース・ギブソン,ジョン・ボイト,ジョン・タトゥーロ,他
公式サイト:http://www.transformers-movie.jp/


実写の巨大ロボットとなると,本当にプロが作ったのか? と目を疑いたくなるくらいに周囲との整合性が取れてなかったり,とりあえず動かしてみましたと言わんばかりにスライド移動するだけ,という悪いイメージがあった。だがこの『トランスフォーマー』は,そういったマイナスのイメージを全て吹き飛ばしてしまうだけのクオリティの高さがあった。

続きを読む
posted by タク at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

[cinema]河童のクゥと夏休み

監督・脚本:原恵一
原作:木暮正夫
出演:冨沢風斗,横川貴大,植松夏希,田中直樹,西田尚美,なぎら健壱,ゴリ,他
公式サイト:http://www.kappa-coo.com/

クレしんの映画を大人も楽しめる作品に仕上げた監督が,5年の歳月をかけただけのことはある。一見すると夏休みの子供向けアニメの一つと思わされるような題材と絵柄だが,家族でワイワイ楽しむようなものではなく,見た目から想像もできない胸の痛くなるほど切なくなる作品だった。

続きを読む
ラベル:映画 アニメ
posted by タク at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

[cinema]ピアノの森

監督:小島正幸
原作:一色まこと
声の出演:上戸彩,神木隆之介,池脇千鶴,福田麻由子,宮迫博之
公式サイト:http://www.piano-movie.jp/

この作品のキーとなるのはピアノであることは分かるのだが,ピアノ演奏の部分に比重が置かれすぎで,主人公の友情やら森の中にピアノを絡ませたエピソードといったドラマ面に期待していただけにそれらがいまいち弱いというか,描写不足という感じだった。

続きを読む
ラベル:映画 アニメ
posted by タク at 01:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

[cinema]憑神

監督:降旗康男
原作:浅田次郎
出演:妻夫木聡,佐藤隆太,夏木マリ,西田敏行,赤井英和,森迫永依,香川照之
公式サイト:http://tsukigami.jp/

実写の邦画を最近観てないな,とふと思って勢いで観に行ったのだが,勢いで観た作品のわりにはそこそこ楽しめたかな,という感じだった。

続きを読む
posted by タク at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

[cinema]アドレナリン

原題:Crank
監督・脚本:マーク・ネベルダイン,ブライアン・テイラー
出演:ジェイソン・ステイサム,エイミー・スマート,ホセ・パブロ・カンティーロ,エフレン・ラミレッツ
公式サイト:http://www.adrenaline-movie.com/

突然襲われて毒を仕込まれた主人公が,アドレナリンを放出し続けないと死んでしまう毒を仕込んだ相手に復讐を果たすため,街中を暴れ回る。ただそれだけで,全てがその場のノリでやったんじゃないかと思えるくらいにはちゃめちゃ。だけど,そのめちゃくちゃ具合がたまらなくおかしく,単純明快で爽快な気分にさせてくれる,そんな作品だった。

続きを読む
ラベル:映画 アクション
posted by タク at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

[cinema]傷だらけの男たち

原題:傷城
監督:アンドリュー・ラウ,アラン・マック
脚本:フェリックス・チョン,アラン・マック
出演:トニー・レオン,金城武
http://drywhisky.com/index.html

「『インファナルアフェア』の名前に釣られたこっちが傷だらけだよ」と見終わった瞬間思っ……てはいないけど,思い返してみるとそんな感じの作品。

続きを読む
posted by タク at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

[cinema]ハリウッドランド

原題:Hollywoodland
監督:アレン・コールター
脚本:ポール・バーンバウム
撮影:ジョナサン・フリーマン
音楽:マーセロ・ザーボス
出演:ベン・アフレック,エイドリアン・ブロディ,ダイアン・レイン,ボブ・ホスキンス
公式サイト:http://www.movies.co.jp/hollywoodland/


最近のハリウッドでは未解決事件ものが流行っているのか? というくらいに未解決となっている事件を取り上げた作品が連続してきている印象だが,本作もそんな中の一つ。しかも,舞台はハリウッドときたもんだ。

続きを読む
ラベル:サスペンス 映画
posted by タク at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

[cinema]あるスキャンダルの覚え書き

原題:Notes on a Scandal
監督:リチャード・エアー
脚本:パトリック・マーバー
出演:ジュディ・デンチ,ケイト・ブランシェット,ビル・ナイ,アンドリュー・シンプソン
公式サイト:http://movies.foxjapan.com/notesonascandal/

久しぶりに"怖い"と思える映画だった。怖いと言ってもホラーなどではなく,人が人に持つ異常な執着心の怖さだ。

続きを読む
ラベル:映画 サスペンス
posted by タク at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

[cinema]プレステージ

原題:The Prestige
監督:クリストファー・ノーラン
脚本:クリストファー・ノーラン,ジョナサン・ノーラン
原作:クリストファー・プリースト
出演:ヒュー・ジャックマン,クリスチャン・ベール,スカーレット・ヨハンソン,マイケル・ケイン,デビッド・ボウイ
公式サイト:http://prestige.gyao.jp/


ある日を境に流行りだした冒頭での「結末は誰にも話さないこと」という謳い文句。そして,そう謳ったからには奇抜なエンディングにしてやろうとしてそれまでの流れをぶち壊すオチにしてしまう作品が後を絶たないが,この作品もそんな一つだった。

続きを読む
ラベル:映画 マジック
posted by タク at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年鑑賞映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。